御船山楽園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
御船山とつつじ谷
鏡池と御船山
つつじ谷
つつじ谷から望む大楠(右)
地図

御船山楽園(みふねやまらくえん)は、佐賀県武雄市にある池泉回遊式庭園であり、ツツジ紅葉の名所である。所在地は武雄市武雄町大字武雄4100。

2010年(平成22年)2月22日に庭園全体が「旧武雄邑主鍋島氏別邸庭園(御船山楽園)」として国の登録記念物名勝地関係)に登録された[1]

概要[編集]

武雄市のシンボル・標高210メートルの御船山の南西麓にある。御船山とは神功皇后新羅征伐から帰った時に「御船」をつながれたことから名付けられた。[2]

前身は「萩の尾園」という佐賀藩第28代武雄領主・鍋島茂義によって造営され、1845年弘化2年)までに約3年かけて完成させた別邸の庭園である。明治末年以後にサクラや大量のツツジが植えられることで現在の姿となる。[1]

総面積は15万坪に及ぶ。園内からは御船山の断崖絶壁を見ることができる。[3]

園内の名所[編集]

  • 御船山
  • 20万本のつつじ谷
  • 樹齢170年の大
  • 2000本の桜
  • 樹齢170年の大モミジ
  • 樹齢300年の大
  • 五百羅漢
  • 萩野尾御茶屋

入場時間・料金[編集]

  • 開園時間:8:00~17:00 (4月1日~5月5日は17:30まで)、年中無休
  • 入園料
    • 通常:大人400円、小学生以下200円、
    • シーズン料金:4月1日〜5月5日:大人800円、小学生以下400円。11月1日〜11月31日:大人500円、小学生以下300円[4]

位置・交通[編集]

周辺[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 旧武雄邑主鍋島氏別邸庭園(御船山楽園)”. 文化遺産オンライン. 2017年5月31日閲覧。
  2. ^ 御船山楽園の歴史”. 御船山楽園. 2017年5月31日閲覧。
  3. ^ 園内の名所案内”. 御船山楽園. 2017年5月31日閲覧。
  4. ^ 佐賀県観光ポータルサイト あそぼーさが”. 一般社団法人 佐賀県観光連盟. 2017年5月31日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度10分53秒 東経130度1分2秒