征矢清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

征矢 清(そや きよし、1935年昭和10年)7月13日 - 2008年平成20年)1月1日)は、日本児童文学作家血液型B型。長野県生まれ。早稲田大学第二文学部卒業後、福音館書店に入社。「こどものとも」編集担当を経て、創作活動に専念。童話・絵本を数多く手掛け、2002年、『ガラスのうま』で野間児童文芸賞新美南吉児童文学賞を受賞。 

主な作品[編集]

創作[編集]

  • 『くもの巣とり』(太田大八絵)
  • 『はちぶせ山のガイコツランド』(斎藤博之絵)
  • 『朝子の出発』(朝倉摂絵)
  • 『かおるのたからもの』(大社玲子絵)
  • 『おばあちゃんのヒマワリ』(大社玲子絵)
  • 『ねこになった少年』(やまだ紫絵)
  • 『ハッコのマラソン事件日記』(平野剛絵)
  • 『ハッコのすいえい事件日記』(平野剛絵)
  • 『ガラスのうま』(林明子絵) など

絵本[編集]