強弱法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

強弱法とは、特に西洋音楽において、音の強弱の変化ないし対比による音楽表現を言う。「ダイナミクス」 (dynamics)、「ディナーミク」「デュナーミク」と言うこともある。なお、フランス語では同じ意味で「ニュアンス」 (nuance) という。

音には高さ、長さ、音色、強さといった要素がある。これらのうち、音色や音の強さは楽譜上の規定があまり厳密ではなく、物理的に大きな変化を与えることも可能であるため、演奏者にとってはその自由な表現を行う重要な要素となる。

強弱表現は、作品の意図という観点においては本来作曲者に責任があり、場合によっては緻密な構成が演奏者に厳密に課されることがあり、演奏にあたっては作曲家の指示した強弱記号に基づいた表現の実施が原則であるが、最終的には演奏者の裁量に任されている面が強い。したがって、演奏者が独自の音楽解釈や演奏スタイルとして自身のオリジナリティを発揮する重要な要素として強弱表現が位置づけられる。

作曲年代や出版社によっては、何小節もある長い範囲、あるいは楽曲全体にわたって、そもそも強弱記号がほとんど書かれていない楽譜も多く存在する。また、同じフォルテでも、楽曲やフレーズによって実際に必要な強さは様々で、ある曲のある場所に指定されたフォルテが、その有効な範囲内において全て同じ強さで演奏するとは限らない。そのため、実際の演奏では、楽譜に書かれた旋律や強弱記号とを比較して作曲者の意図をくみ取り、それに反しないよう柔軟に強さを調節する必要がある。

五線譜における強弱記号[編集]

楽譜上、強弱は次のように指示される。

一定の強弱を表すもの[編集]

表記 読み 意味 詳細
pp ピアニッシモ とても弱く ピアノより弱い
p ピアノ 弱く もともとは「やさしく」の意味もある。
mp メゾピアノ/メッゾピアノ 少し弱く ピアノより強くメゾフォルテより弱い
mf メゾフォルテ/メッゾフォルテ 少し強く メゾピアノより強くフォルテより弱い
f フォルテ 強く ベートーヴェンはしばしばスフォルツァンドの意味でフォルテを使用している。
ff フォルティッシモ とても強く フォルテより強い
ppp ピアノ・ピアニッシモ(ピアニッシッシモ) ピアニッシモより弱く ピアノやフォルテを足していくと度合いが増していくが、普通に使われるのは2つ(ピアニッシモ、フォルティッシモ)までであり、3つ以上は「極めて」という意味合いである。また、呼び名は「シ」が一つずつ増える。
fff フォルテ・フォルティッシモ(フォルティッシッシモ) フォルティッシモより強く
sotto voce ソットヴォーチェ 声を弱くして/声をひそめて
mezza voce メッツァヴォーチェ/メッザヴォーチェ 半分の声で

実際に使われているフォルテとピアノの数は大体6つが限度である。6つのフォルテ/ピアノが使われている例はロマン派時代のチャイコフスキーの悲愴や現代のファーニホウの「レンマ・イコン・エピグラム」などが挙げられる。

現代音楽(20世紀以降の西洋音楽)においては、これらの記号を単に「音量」を表すだけではなく、本来の意味である表現上の「強い」「弱い」を示すために使われていることが多い。このような使われ方をしている場合でも相対的な関係を示しており、絶対的な量(音量、盛り上がり具合などなど)を示してはいない。

その音だけ強いことを表すもの[編集]

俗に「アクセント記号」と称される。

fp フォルテピアノ 強く、すぐに弱く フォルテで演奏してすぐにピアノにする。音が出たあとで音強を変えられる楽器では、音の出だしを強く、一定時間その音強を保って、その後急に弱くする。また、逆の意味のピアノ・フォルテも実在する。
sf スフォルツァンド(スフォルツァート) その音を強く

特に打楽器のロール・トレモロでは、指定が無いときは最初の数打を特に強く、後はフォルテで続ける。

sfz
fz フォルツァンド(フォルツァート)
rf リンフォルツァンド(リンフォルツァート)
マルカート マルカート

アクセント アッチェント

その音を強く 音符の上にも下にも付けられる 音が出たあとで音強を変えられる楽器では、音の出だしを強くし、その後だんだん弱める。

(クラシックでは上、下に開いているアクセントは横に開いているアクセントよりも強く鳴らすことが多い。)

アクセント上 音符の上に付ける場合の記号

アクセント下

音符の下に付ける場合の記号
アッチェント 音符の上にも下にも付けられる 音が出たあとで音強を変えられる楽器では、音の出だしを弱く、少し経ってからだんだん強くし、その後だんだん弱める。

アクセントとは、その音を何かしらの方法で目立たせることにより、その音を引き立たせることができるような変化を付けるという意味である。場合によっては音量よりも、テヌート(に近い)奏法やスタッカート(に近い)奏法を使用することでアクセントとなることもあり得る。

マルカート強いマルカートでは、元来同じ意味であるが、作曲家によっては、使い分けていることがある。その場合、多くは 強いマルカートにより強い強勢を求める。ただし強いマルカートはスタッカーティシモ(スターカッティシモ)と非常に誤解しやすいため、避けられることがある。一方で、マルカートは、短いディミヌエンド(ディミヌエンドの松葉)と混同されやすく、シューベルトベートーヴェンにおいては、それらが混同された楽譜が出版されている。

アッチェントは、発音後に音量の強弱の付けられる楽器において、ロマン派頃から楽譜に見受けられるようになった記号である。ロベルト・シューマンは、その表現が不可能なピアノの楽譜にさえ、この記号を付けることを好んだ。

強弱の変化を表すもの[編集]

crescendo cresc. クレシェンド だんだん強く(成長しながら) クレッシェンドの松葉ディミヌエンドの松葉は俗に松葉、hair pinなどと呼ばれる。一般に文字を用いる場合よりも短いものに使う。また、cresc.と書かれたあとで クレッシェンドの松葉とある場合には、その部分でさらに一段とクレッシェンドする、という意味に捉えるのが一般的である。
<
decrescendo decresc. デクレシェンド だんだん弱く(減退しながら)
diminuendo dim. ディミヌエンド
>