フラット (記号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フラットの表現

(フラット・英語: Flat)は、アルファベットの小文字「b」に似た記号である。通常音楽の楽譜で使用される。音楽では半音さげる変化記号を意味する。日本語では変記号(へんきごう)ともよばれる。この記事では記号についてのみ説明する。

形状[編集]

縦棒とその下端と中間を右側に引く曲線で構成される。音符の位置と曲線の位置が一致するように記述する。

ダブルフラット[編集]

𝄫
ダブルフラット

ダブルフラットはフラットを左右に接して並べた記号で半音さげ、さらに半音さげる記号である[1][2]

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+266D 1-2-85 ♭
♭
MUSIC FLAT SIGN
𝄫 U+1D12B - 𝄫
𝄫
MUSICAL SYMBOL DOUBLE FLAT
𝄬 U+1D12C - 𝄬
𝄬
MUSICAL SYMBOL FLAT UP
𝄭 U+1D12D - 𝄭
𝄭
MUSICAL SYMBOL FLAT DOWN
𝄳 U+1D133 - 𝄳
𝄳
MUSICAL SYMBOL QUARTER TONE FLAT

関連項目[編集]

脚注[編集]