張浚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

張 浚(ちょう しゅん、1097年 - 1164年)は南宋時代における中国の政治家。徳遠。唐朝の名臣であった張九齢の弟・張九皋の子孫である。張栻の父でもある。

金国との戦い[編集]

漢州綿竹四川省)の出身。4歳で孤児となるがすでに大人びて慎重、将来の大器をうかがわせた。太学へ入り進士となり、1126年に太常簿となる。その直後、汴京金国が侵入し、南方へ逃れた高宗が即位した。高宗の下で累進して礼部侍郎となり、金国が必ず来寇すると予測し、国防の必要を力説する。宰相らには杞憂として採用されなかったが、1128年に金の軍勢が国境を侵しそれに乗じて苗傅劉正彦が反乱を起こすという事態になる。張浚は川陝諸路宣撫使に任命され、ついで知枢密院事となり反乱軍を鎮圧した。四川の防備の重要なことを訴え自らその任にあたることを請うたので、川陝宣撫処置使に任命された。3年間の在任中、劉子羽趙開呉玠を用いて大いに治績をあげ、1131年呉珍を派遣して和尚原で金軍を壊滅させている。宰相と朱勝非などの弾劾にあい一時職を去ったが、すぐに金軍が劉麟とともに来寇したので、知枢密院として四川に着任せしめたところ、将兵の意気は大いにあがり、金の将軍・兀朮は軍を引いた。のちに金の将である粘没喝は「中国で自分の敵となりうるのは張浚だけである」と言い、四川を取る望みを絶つよう本国に遺言したという。

内政と軍政[編集]

1135年に尚書右僕射・中書門下平章事・知枢密院事・都督諸路軍馬などの重職を兼任する。洞庭の賊を征服し、諸将の会議をおこして侵略された国土の恢復を期し、高宗には『中興備覧』41篇を献じた。1136年には韓世忠劉光世張俊楊存中岳飛らの将軍を監督して、劉豫と金軍を討ち、濠州で劉邈の軍を破る。1137年に金紫光禄大夫を加えられたが、酈瓊の反乱の責任をとって辞職した。

1139年に資政殿学士に復帰して知福州となり、1142年に和国公に任命されたが、上疏して金への和平に傾く国策について痛論し、宰相・秦檜の怒りに触れた。左遷され、提挙江州太平興国宮となる。1155年、秦檜が亡くなると観文殿学士・判洪州に復帰したが、秦檜の時代に武備が衰えたことを論じて辞職させられた。

1161年に金帝・亮が侵入すると、判建康府・行宮留守となり、張子顔を派遣して、金軍を海州に破った。1163年に枢密使・都督建康府を兼ね、李顕忠に霊璧を、邵宏淵に虹県を攻めさせ軍を督促したが宿州で破れ、「特進」に位が下って江淮宣撫使となる。宰相・湯思退の和平論を斥け、尚書右僕射・中書門下平治省・枢密史となり国政を動かした。江淮におもむき要害の地に築城し、武器を精鋭にし忠義の士を募って金との決戦に備えていたが、湯思退らにより「無用の戦争を起こして、国庫を浪費した」という誹謗を加えたために、官を辞した。その後も上疏して金への和議が誤っていることを説き、孝宗には学問に努め賢人に親しむよう訴えた。孝宗は張浚が亡くなるといたく哀悼し、太保の位を贈り、さらに太師をも加えた。諡は忠献。

学問[編集]

張浚は学問を好み、朱熹とも親交があり、特に春秋論語孟子に詳しかった。著書として次に挙げるものがある。紫巖居士と号する。

  • 『紹興奏議』10巻
  • 『隆興奏議』10巻
  • 『論語解』4巻
  • 『紫巖易傳』10巻
  • 『春秋解』6巻
  • 『中庸解』1巻
  • 『詩書礼解』3巻
  • 『建炎復辟平江実録』1巻
  • 『文集』10巻

参考[編集]

  • 『宋史』361
  • 朱熹『張公行状』