孝宗 (宋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
孝宗 趙
南宋
第2代皇帝
Xiaozong.jpg
王朝 南宋
在位期間 1162年7月24日 - 1189年2月18日
姓・諱 趙伯琮
趙瑗(入宮時改名)
趙瑋(高宗の養子となった際に改名)
趙昚(立太子時に改名)
諡号 紹統同道冠徳昭功哲文神武明聖成孝皇帝
廟号 孝宗
生年 1127年11月27日
没年 1194年6月28日
秀安僖王・趙子偁
陵墓 永阜陵
年号 隆興1163年 - 1164年
乾道1165年 - 1173年
淳熙1174年 - 1189年

孝宗(こうそう)は南宋の第2代皇帝(在位:1162年7月24日 - 1189年2月18日)。

生涯[編集]

1127年、喜王・趙子偁の子として秀州青杉閘(浙江省嘉興市)の官舎で生まれる。兄に趙伯圭がいる。北宋の太祖(趙匡胤)の次子・趙徳芳の6世孫であり、太祖の子孫で初めて宋の皇帝となった人物である。初代皇帝・高宗の実子である趙旉(元懿太子)が早世して他に男子が無かったため、遠縁に当たる趙皇太子として迎えられ、1162年に高宗から譲位されて皇帝として即位した。

南宋はの要求により毎年多額の歳弊を献上していたが、この時期は1161年海陵王の南宋遠征、そして海陵王死後の南宋による金への逆侵攻によって、戦争状態にあった。金では世宗が即位し、南宋の逆侵攻を撃退した。その後の世宗は南宋との関係修復に務め、孝宗も友好関係に務める中、1165年に和議が成立。この時の講和条件により、金へ送られる歳弊負担は軽減されることとなった(乾道和約)。

余剰な官吏の削減・当時乱発されていた会子紙幣)の発行抑制、農村の生産力回復、江南経済の活性化など様々な国内改革に取り組んだほか、高宗時代に処刑された対金強硬派の代表人物岳飛の名誉回復を行うなど、南宋の全盛期を現出した。

その一方で、秦檜の強権的な政治に対する反省から、科挙官僚を中心とした士大夫層を牽制するために宗室や武官でも有能な人物を抜擢した。例えば、閤門舎人を設けて武挙に合格した武官の中でも学問に通じた者を閤門舎人更にその上の知閣門事に任じて側近に加えている。また、宰相を空位にすることも多く、北宋・南宋を通じて宰相が置かれなかった期間のべ77か月のうち53か月が孝宗の時代のことであった。この期間にも参知政事ら執政(副宰相格)は置かれていたとは言え、皇帝の力が強い時代であった[1]

日本との関係では平氏政権平清盛との日宋貿易を行なっている時期に相当するが、あくまで民間交流・貿易であり、正式な国交は無かった。

1189年、子の趙惇に譲位して太上皇となるが、なおも実権は掌握していた。晩年は孫の趙拡の立太子問題などで光宗と対立し、不和になったと伝えられる。1194年に68歳で崩御した。

宗室[編集]

父母[編集]

皇后[編集]

  • 郭氏
  • 夏氏
  • 謝氏

[編集]

  • 趙愭(荘文太子)
  • 趙愷(魏恵憲王)
  • 趙惇(第3代皇帝)
  • 趙恪(邵悼肅王)

脚注[編集]

  1. ^ 藤本猛「武臣の清要-南宋孝宗期の政治状況と閤門舎人」(初出:『東洋史研究』63巻1号(東洋史研究会、2004年)/所収:藤本『風流天子と「君主独裁制」-北宋徽宗朝政治史の研究』(京都大学学術出版会、2014年) ISBN 978-4-87698-474-9