張正男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
張正男
各種表記
ハングル 장정남
漢字 張正男
発音: チャン・ジョンナム
ローマ字 Jang Jong-nam
M-R式: Chang Chŏng-nam
テンプレートを表示

張正男(もしくは張政男、チャン・ジョンナム)は、朝鮮民主主義人民共和国軍人政治家。元人民武力部長、元朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員、元朝鮮労働党中央軍事委員会委員。朝鮮人民軍における軍師称号階級)は上将

略歴[編集]

2002年4月に少将2011年11月に中将に昇進し、2012年12月に江原道の第1軍団長を務めていたことが確認された後、2013年5月に、8ヶ月で交代となった金格植の後任として人民武力部長に就任した。この時は上将の階級であった[1][2]

2013年8月29日付『労働新聞』の金正恩のサッカー観戦を報じる記事の中では、朴奉珠崔竜海張成沢李永吉に続く序列5位で掲載された[3]。同年11月から12月には大将の階級に昇進していることが確認されている[4][5]

2014年2月4日の朝鮮中央テレビの放送で再び上将の階級章を着けていることが確認され、大将から降格されたとみられた[6]

同年3月に行われた第13期最高人民会議代議員選挙で代議員に選出され[7]、同年4月9日に行われた第13期最高人民会議第1回会議で国防委員会委員に選出された。名簿・写真順では国防委員会副委員長の呉克烈の次、委員のうちでは最初に掲載された。またこの際に発表された写真では大将の階級章を付けていることが確認されている[8]。同年4月27日の朝鮮中央通信の報道により、朝鮮労働党中央軍事委員会委員に就任していたことが判明した[9]

同年6月25日、前日の24日に開催された軍民決起集会を報じる朝鮮中央放送の報道で玄永哲が人民武力部長として紹介されたことで、同月中に張正男が同職を解任されていたことが判明した[10]。また同年7月29日に朝鮮中央通信の公式サイトに掲載された写真で、張が上将に降格されたことが確認されており、軍団長に左遷されたとみられている[11]

2014年9月25日、第13期最高人民会議第2回会議で国防委員を解任された[12]

2016年5月に開催された朝鮮労働党第7次大会で同党中央軍事委員会の名簿に掲載されず、中央軍事委員会委員からの退任が確認された[13]

出典[編集]

 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
先代:
金格植
人民武力部長
2013年 - 2014年
次代:
玄永哲