弘前運輸区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

弘前運輸区(ひろさきうんゆく)は、青森県弘前市にある東日本旅客鉄道(JR東日本)秋田支社車両基地で、運転士車掌が所属する組織である。弘前駅の北東に隣接している。

現在、車両の配置はないが、五能線で使用される気動車仕業検査が行われるほか、構内に留置線・転車台がある。かつての所属略号は「秋ヒロ」。

沿革[編集]

弘前車掌区[編集]

  • 1928年(昭和3年)8月 - 青森車掌区弘前支区設置。
  • 1950年(昭和25年)8月5日 - 大館車掌区弘前支区に改称。
  • 1959年(昭和34年)2月10日 - 五能線管理所発足に伴い、弘前支区を編入。
  • 1971年(昭和46年)10月1日 - 五能線管理所廃止、大館車掌区弘前支区を再設置。
  • 1973年(昭和48年)4月1日 - 弘前車掌区に昇格。
  • 1986年(昭和61年)11月1日 - 秋田車掌区弘前支区に改称。

弘前機関区→弘前運転区[編集]

  • 1894年(明治27年)12月1日 - 日本鉄道青森機関庫弘前駐泊所として開設。
  • 1906年(明治39年)11月1日 - 国有化に伴い、青森機関庫弘前分庫に昇格。
  • 1936年(昭和11年)7月30日 - 青森機関庫弘前分庫が五能線全通により弘前機関庫に昇格。
  • 1936年(昭和11年)9月1日 - 職制改正により弘前機関区に改称。
  • 1959年(昭和34年)2月10日 - 五能線管理所発足に伴い、五能線・黒石線に係る機能を五能線管理所に分離。
  • 1971年(昭和46年)10月1日 - 五能線管理所廃止。同所の機能は弘前機関区と併せて弘前運転区に再統合。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 東日本旅客鉄道に継承。

運輸区発足後[編集]

  • 1991年(平成3年)3月16日 - 秋田車掌区弘前支区と弘前運転区を統合し、弘前運輸区発足。
  • 1994年(平成6年) - 秋田支社管内の車両基地統合に伴い車両配置がなくなる。

関連項目[編集]