東能代運輸区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東能代運輸区(ひがしのしろうんゆく)は、秋田県能代市にある東日本旅客鉄道(JR東日本)秋田支社運転士車掌が所属する組織である。

沿革[編集]

  • 1908年7月1日 - 能代機関庫設置。
  • 1931年1月31日現在、秋田機関庫機織分庫に改称済み。
  • 1936年7月30日 - 秋田車掌所機織支所を設置。
  • 1943年11月 - 秋田機関区東能代支区に名称変更。
  • 1947年4月現在、東能代機関区に昇格済。
  • 1959年2月10日 - 五能線管理所発足に伴い、大館車掌区東能代支区を編入。東能代機関区の五能線担当動力車及び人員を同所に移管。(東能代機関区自体は奥羽本線担当として存続)
  • 1971年10月1日 - 五能線管理所および東能代機関区を廃止。秋田機関区東能代支区大館車掌区東能代支区を再設置。
  • 1984年7月1日 - 大館車掌区東能代支区を廃止。東能代駅乗務員を配置。
  • 1989年3月10日 - 東能代駅乗務員を廃止。五能線車掌行路は秋田車掌区が引き継ぐ。
  • 1991年3月16日 - 東能代運転区に秋田車掌区の五能線行路を統合し、東能代運輸区設置。

関連項目[編集]