庄司浅水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

庄司 浅水(しょうじ せんすい、1903年11月10日 - 1991年9月7日)は、日本ノンフィクション作家書誌学研究家

ミズノプリンティングミュージアム名誉館長。日本出版学会、日本ペンクラブ、グロリアクラブ、各会員[1]

京都外国語大学専任講師宮城県仙台市出身。本名:喜蔵。書物研究の傍ら、世界の奇談を紹介した。

略歴[編集]

三田英学校(現在の錦城学園高等学校)卒業。1925年、南葵音楽文庫に勤務[2]

1929年ぐろりあそさえてから実質的な処女作「書籍装釘の歴史と実際」を刊行[3]。1930年、装釘同好会を結成[4]。1931年佐々木幸四郎斎藤昌三らと雑誌「書物展望」を創刊[5]。また、書誌出版を志してブックドム社を設立[6]。「書物の敵」「書物の話」「典籍随筆 蠧魚無駄話」といった自著や徳富蘇峰「愛書五十年」などを出版[7]。また雑誌「書物趣味」を主宰した[8]

1935年、東京印刷工業組合書記となったが、1936年辞職[9]。1939年共同印刷総務部に籍を置き、社内報やPR誌「いんさつ」の編集及び渉外・広報を担当、初代の労務課長も務めた[10]

1944年凸版印刷に転じて勤労課長[11]。1945年3月の本社罹災後は郷里に近い宮城県古川町の兵器部品製造工場の庶務課長となり敗戦を迎えた[12]

戦後は板橋工場製本課長となったが、1948年退社[13]。東京文理科大学内にあった芸術学会の機関誌「スクールアート」の編集発行、美術研究参考書の発行を主眼とした芸術科学社創立に携わったが、経営が思わしくなく著述業に専念[14]

1951年ロバート・リプレー「信じようと信じまいと 世界中のうそのようなほんとうの話」を翻訳して以来、世界の奇談珍談などのノンフィクション分野の著作も数多く発表した。

他の著書に「印刷文化史」「愛書六十五年」「海の奇談」などがある。

主な著書[編集]

  • 海の奇談
  • 書物のはなし 語りべから現代の書物まで
  • 書物よもやま話
  • 本の文化史 ブック・アラカルト
  • 世界の怪談
  • 紙魚のたわごと
  • 本の世界
  • 世界の秘境
  • 世界の驚異をたずねて
  • 世界の魔の海
  • 世界の怪談
  • 世界の怪奇ミステリー
  • 世界の怪奇
  • 世界の秘話
  • 愛書六十五年 一書物人のメモの中から
  • 世界の奇談 秘められた真実

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  8. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  9. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  10. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  11. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  12. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  13. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  14. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報