広野三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広野 三郎(ひろの さぶろう、1897年(明治30年)4月10日 - 1968年(昭和43年)4月4日)は、歌人

東京出身。國學院大學卒。1915年『アララギ』に入会し、島木赤彦斎藤茂吉に師事。1926年東京帝国大学史料編纂所業務嘱託、1927年史料編纂官補、1946年事務官、1954年東京大学史料編纂所助手、1958年講師、1962年退官。歌人としては1950年『白埴』を創刊、1953年『草苑』と合同して『久木』を主宰。

著書[編集]

  • 『白埴 歌集』岩波書店 アララギ叢書 1940
  • 『鳴瀬 歌集』古今書院 アララギ叢書 1948
  • 『あかつき 歌集』第二書房 1954
  • 『泉 歌集』新星書房 1958 久木叢書
共編

参考[編集]