平野長祥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平野長祥

平野 長祥(ひらの ながよし、明治2年12月3日1870年1月4日)- 昭和9年(1934年5月7日)は、明治時代から昭和戦前の華族。父は大和田原本藩藩主平野長裕。最初の妻は酒井忠績の娘鈴子、2人目の妻は大関増勤の娘。男爵貴族院議員。兄弟に鷲尾花(鷲尾隆聚養女、三河産治夫人)、平野鑒吉。子に平野長克

経歴[編集]

父が明治5年(1872年)に28歳で没したため家督を継ぎ、明治17年(1884年)7月8日に男爵に叙爵された。学習院を卒業し、東京海上保険加島銀行に勤務ののち、富山護王銀行の専務、有隣生命取締役となった。明治30年(1897年)貴族院議員となり、大正8年(1919年)男爵議員により結成された院内会派公正会の設立時の幹事長9名のうちの1人となった。

栄典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』第3746号「叙任及辞令」1895年12月21日。
  2. ^ 『官報』第1930号「叙任及辞令」1919年1月11日。
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
田原本平野家初代
1884年 - 1934年
次代:
平野長克