平手氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
平手氏
家紋
本姓 清和源氏新田氏流世良田氏
荒尾氏?
家祖 平手義英?[1]
種別 武家
士族
出身地 尾張国愛知郡平天村(平手村)?[2]
著名な人物 平手政秀
支流、分家 野口氏武家
杉氏(武家)
杉本氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

平手氏(ひらてし)は、日本氏族


出自[編集]

平手氏は『尾張諸家系図』によれば、新田氏世良田氏一族の世良田有親の子とされる平手義英[1]なる人物を祖とする氏族と伝わる。

しかし、これは後世の系譜の仮冒とされ、実際は久松氏と同族とされ、菅原氏から出たとの説もある。さらに尾張国豪族荒尾宗顕在原荒尾氏)の系統、賀茂氏の流れなど諸説あって判然としない。

小和田哲男の説によると、南北朝時代には南朝方として活躍したといわれる。

戦国時代には織田信長傅役を務めたことで有名な平手政秀がいる。政秀は若き頃の血気盛んな信長の奇行を諌めるため自害した。子の平手久秀が信長と諍いを起こしたことが原因との説もある。政秀の娘の清(雲仙院)は信長の弟・織田長益(有楽斎)の正室になった。久秀の子である平手汎秀三方ヶ原の戦いにおいて討死した。政秀の甥である平手季胤(秀胤)は織田信雄に仕えた。なお、政秀の兄弟である政利から野口氏という庶流も出ている。

長益系長政流の芝村藩の平手氏は、江戸時代に藩の家老用人を輩出している。織田輔宜の用人に「平手角右衛門」、織田長教の家老に「平手術守」、織田長易の家老に「平手覚馬」の名がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『尾張諸家系図』の注記によると、義英は生年は永享3年(1431年)生まれで、通称は「加賀守」で、「尾州愛知郡平天城主」と記されている。
  2. ^ 現・愛知県名古屋市北区平手町あたり。

系図[編集]

荒尾宗顕?
 ¦
秀家(平手氏)
 ┃
秀定英秀経英
 ┣━━━━━━━━━┳━━━━━━━┳━━━━━━━┓
政秀          季定(秀定)     野口政利        長成
 ┣━━━━┓      ┃          ┃
長政    久秀    季胤(秀胤)     政知
        ┃                  ┃
       汎秀                政矩
                            ┣━━━━┓
                           政種   政清