酒田市民会館「希望ホール」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
希望ホールから転送)
移動先: 案内検索
酒田市民会館「希望ホール」
Sakata Civic Hall "Kibou Hall"
酒田市民会館「希望ホール」
情報
通称 希望ホール
正式名称 酒田市民会館
完成 2004年2月
開館 2004年7月3日
開館公演 市原多朗&佐藤しのぶ オペラアリアコンサート2004年7月4日
収容人員 約1,500人
客席数 大ホール 1,287席
小ホール 150席
延床面積 8,673m²
設備 大ホール、小ホール、楽屋、練習室、会議室、託児室
用途 各種コンサート、音楽大会、式典等
運営 山形県酒田市
所在地 山形県酒田市本町2丁目2番10号
位置 北緯38度54分50.8秒 東経139度50分10.9秒 / 北緯38.914111度 東経139.836361度 / 38.914111; 139.836361座標: 北緯38度54分50.8秒 東経139度50分10.9秒 / 北緯38.914111度 東経139.836361度 / 38.914111; 139.836361
アクセス JR酒田駅より、庄内交通バス「中町」下車徒歩2分
市営循環バス「市役所東」または「市役所西」下車すぐ
公式サイト 酒田市民会館「希望ホール」

酒田市民会館「希望ホール」(さかたしみんかいかん「きぼうホール」、Sakata Civic Hall "Kibou Hall")は、山形県酒田市にある多目的ホール。酒田市役所隣に、2004年7月3日に開館した。酒田市が管理と運営を行っている。

2004年には小澤征爾が指揮する新日本フィルハーモニー交響楽団によるコンサートが開催された。現在、希望ホールは酒田フィルハーモニー管弦楽団活動拠点ホール及び、山形交響楽団による庄内公演の拠点地となっている。

山形県内では最も音響設備がよく、有名アーティストによる音楽ライブも年数回行われる。

施設[編集]

  • 大ホール(舞台面積 約700m2、客席面積 約1,120m2
    定員1,287名(1F 836席、2F 451席。車椅子スペース4席含)。ホール形式はシューボックス型であり、クラシック主目的の多目的ホールである。座席は2階席まであり、2階席ではサイドバルコニーのロイヤルボックス席を備える。また舞台開口高さを自在に調節できる可動プロセニアム幕が備わっている。
  • 小ホール(約180m2
    定員150名程度(移動椅子設置の場合)。リハーサル会場としての利用を主目的としている。
  • 楽屋1~7(約16~41m2
  • 練習室1~3(練習室1 約138m2、練習室2・3 約28m2
    楽屋が足りない場合は、練習室を楽屋としても利用することができる。
  • 会議室(約35m2
  • 託児室(約27m2

計画・設計・建築施工[編集]

沿革[編集]

1962年酒田市には1,100席収容の市民会館が建てられ、42年の長きにわたり文化の中心としての役割を担ってきた。しかし、施設の老朽化が問題となり、市は敷地の選定を経て新市民会館建設を決定、2004年2月に竣工した。

2002年2月、指名競争入札で入札を予定していた5つのJV全てが入札を辞退するという事態となった。酒田市は21億535万6千円の入札予定価格を公表していたが、各JVはこの予定価格内での受注は利益が見込めないとして、入札書に「辞退」「予定価格内での受注は無理」と記載した。[1]

2008年9月に公開された映画『おくりびと』では、劇中のオーケストラによるコンサートシーンの撮影に同ホールが使用された。

酒田希望音楽祭[編集]

2004年小澤征爾が指揮する新日本フィルハーモニー交響楽団によるコンサートが開催されたことを記念して、「音楽と芸術が自然にとけあう潤いのあるまちづくりをすすめる」ことを理念として、2005年より酒田希望音楽祭が毎年開催されている。

概ね6月10月に開催され、「支援事業」「協賛事業」の2種類の事業を行う。事業対象となった場合は、施設利用料等の特別減免が適用される。

  • 支援事業
    市民向けに開催する音楽関係事業で、音楽家を志す若手の育成・人材育成に寄与することを目的とする。対象は非定期の3公演程度に限られている。
  • 協賛事業
    音楽祭期間中に開催される音楽関係の事業が対象となり、これまでに数回開催実績があるもの等も対象となる。

所在地・アクセス[編集]

山形県酒田市本町2-2-10

脚注[編集]

  1. ^ 「予定価格安すぎ」と全JVが入札辞退(asahi.com配信ニュース、InternetArchiveへのリンク)

外部リンク[編集]