市場泰男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市場 泰男(いちば やすお、1924年4月26日 - )は、日本のサイエンスライター翻訳家

来歴[編集]

東京都生まれ。1946年東京帝国大学理学部中退。平凡社編集局に勤務[1]。はじめ子供向け科学読み物を書き、その後翻訳で活動する。中でも『奇妙な論理』[2][3]はロングセラー。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『水 その生いたちと力』さ・え・ら書房〈ぼくたちの研究室〉、1950年。
  • 『すばらしい原子力』山浦寿子絵、さ・え・ら書房〈社会科絵物語 4〉、1955年。
  • 『放射線のなぞ』菅野陽太郎絵、麦書房〈雨の日文庫 第2集 15〉、1958年。
  • 『大空にいどんだ人々』小坂茂絵、さ・え・ら書房〈さ・え・ら伝記ライブラリー2〉、1965年。
  • 『通信の開拓者たち』吉崎正巳絵、さ・え・ら書房〈さ・え・ら伝記ライブラリー13〉、1966年。
  • 『スピードくらべ』池田献児ほか絵、偕成社〈絵百科なぜとなに2〉、1968年。
  • 『にっぽん一・せかい一』石田武雄絵、偕成社〈絵百科なぜとなに9〉、1969年。
  • 『みのまわりのふしぎ』山田常郎絵、偕成社〈絵百科なぜとなに19〉、1970年。
  • 『10人の発明家』寺島竜一絵、実業之日本社〈世界の10人シリーズ3〉、1972年。
  • 『素顔の科学史99の謎 教科書にもない真実のドラマ』産報ジャーナル〈Sanpo books〉、1977年10月。
  • 『時計のはなし』さ・え・ら書房〈人間の知恵〉、1982年3月。ISBN 4-378-03708-4
  • 『夢か科学か妄説か 古代中世の自然観』平凡社〈平凡社・自然叢書4〉、1987年7月。ISBN 4-582-54604-8

共著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]