DIC川村記念美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川村記念美術館から転送)
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg DIC川村記念美術館
Kawamura Memorial DIC Museum of Art
Kawamura kinen museam.jpg
施設情報
専門分野 現代美術日本美術
事業主体 DIC株式会社
開館 1990年平成2年) 5月2日[1]
所在地 285-0078
千葉県佐倉市坂戸631
位置 北緯35度39分18秒 東経140度13分24秒 / 北緯35.6551度 東経140.2232度 / 35.6551; 140.2232座標: 北緯35度39分18秒 東経140度13分24秒 / 北緯35.6551度 東経140.2232度 / 35.6551; 140.2232
プロジェクト:GLAM

DIC川村記念美術館(DICかわむらきねんびじゅつかん 英表記:Kawamura Memorial DIC Museum of Art)は、千葉県佐倉市にある私立美術館である。印刷インキ、顔料、ポリマー材などの製造・販売を行うDIC株式会社が運営を行っている。DICと関連会社が収集した美術品を公開するために、DICの総合研究所敷地内に設立され、1990年5月2日に開館した[2]。以前の名称は川村記念美術館で、2011年4月1日から現在の名称となっている[3]

概要[編集]

千葉県佐倉市郊外にある、広大な庭園のなかに建つ美術館。近現代美術のコレクションとしては、日本でも有数の規模をもつ。 DIC(創業時は「川村インキ製造所」)の創業者・川村喜十郎をはじめとする川村家3代の収集品を公開するため、1990年(平成2年)に開館した。

広さ30万平方メートルのDIC株式会社総合研究所の敷地内に建つ、ヨーロッパの古城かワインセラーを思わせる展示館は、海老原一郎の設計である。

館内は、巨大な現代美術の作品群がゆったり鑑賞できるよう、体育館を思わせる広大な展示室が設けられている。近代ヨーロッパ絵画、現代美術のほか、尾形光琳長谷川等伯など、日本の近世絵画にも優れたものがあり、等伯の『烏鷺図(うろず)』は、重要文化財に指定されている。20世紀抽象絵画の巨匠、マーク・ロスコが、ニューヨーク・シーグラム・ビルディング内にあるフォーシーズンズ・レストランのために描いた7点の作品のみを展示した「ロスコ・ルーム」もある。

沿革[編集]

  • 1990年平成2年) 5月2日 - 川村記念美術館として開館[1]
  • 2007年(平成19年) 7月2日 - リニューアル工事のため休館
  • 2008年(平成20年) 3月15日 - リニューアルオープン。延床面積が改築前の約1.5倍に拡張される。
  • 2011年(平成25年) 4月1日 - 館名をDIC川村記念美術館に変更

主な収蔵品[編集]

公式ウェブサイトの「主なコレクション」より抜粋[4]

当館が所蔵していたバーネット・ニューマン『アンナの光』(1968年)は、2013年に日本国外の企業へ譲渡されたことが館から公式発表されている[5][6]

開館[編集]

  • 4月 - 10月 9:30 - 17:00、11月 - 3月 9:30 - 16:30
  • 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始・特別整理期間等

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “「川村記念美術館」オープン 民間有数の質と量”. 読売新聞 (読売新聞社). (1990年5月2日) 
  2. ^ 川村記念美術館開館”. 独立行政法人 国立文化財機構 東京文化財研究所. 2017年5月28日閲覧。
  3. ^ “川村記念美術館、4月1日より「DIC川村記念美術館」に館名変更” (プレスリリース), DIC株式会社, (2011年2月8日), http://www.dic-global.com/ja/release/2011/20110208_01.html 2017年5月28日閲覧。 
  4. ^ 主なコレクション”. DIC川村記念美術館. 2017年5月28日閲覧。
  5. ^ バーネット・ニューマン≪アンナの光≫ 公開終了のお知らせ(館公式サイト)
  6. ^ 当社保有の絵画の譲渡に伴う特別利益の計上及び業績予想の修正について(DIC公式サイト、「ニュースリリース」、2013年10月4日分)

外部リンク[編集]