川島重成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川島 重成
人物情報
生誕 1938年12月??
京都府
出身校 国際基督教大学東京大学大学院
学問
研究分野 西洋古典学
学位 文学修士[1]
主要な作品 『ロマ書講義』『アポロンの光と闇のもとに-ギリシア悲劇『オイディプス王』解釈』
学会 日本西洋古典学会、日本キリスト教学会、日本新約聖書学会[1]
テンプレートを表示


川島 重成(かわしま しげなり、1938年12月 - )は、西洋古典学者、国際基督教大学名誉教授。

京都府生まれ。1961年国際基督教大学教養学部卒業。1963年東京大学大学院西洋古典学修士課程修了。同年東大教養学部助手(西洋古典語)。1965-1967年内村鑑三奨学生としてアマースト大学に、1967-1868年在アテネ・アメリカ西洋古典学研究所に留学。1969年国際基督教大学講師。助教授、準教授、教授、2000年大妻女子大学比較文化学部教授、2011年退職。

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『神話・文学・聖書 西洋古典の人間理解』 荒井献共編著 教文館 1977.12
  • 『ムーサよ、語れ 古代ギリシア文学への招待』 高田康成共編 三陸書房 2003.4

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 川島 重成”. researchmap. 2018年10月5日閲覧。