岩原直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩原 直樹(いわはら なおき、1952年10月18日 - )は、主に特撮テレビドラマ作品の元演出家

経歴[編集]

高校を卒業後、一貫して『太陽にほえろ!』や『あばれはっちゃく』シリーズ、『コメットさん』にフリー助監督として携わり、東映へ。主に蓑輪雅夫に師事し、彼の下で『特捜最前線』『大都会25時』のセカンド助監督、仮面ライダーシリーズのチーフ&セカンド助監督として携わる。37歳のときに助監督を務めていた『美少女仮面ポワトリン』の一編で監督デビュー。特に日笠淳プロデューサーと親密となり、次作以降はシリーズ終了までメイン監督として活躍した。監督作品のシリーズにはほぼ浦沢義雄がライターとして携わっている。

シリーズ終了後は『世にも奇妙な物語』の演出、『ホテル』『超光戦士シャンゼリオン』、2時間ドラマの助監督などを経て1996年末にメタルヒーローシリーズに移動。『ビーロボカブタック』より再び監督として活躍することになるが、2000年1月に放送された『燃えろ!!ロボコン』の最終回を期に監督業を廃業した。

作品(監督、脚本)[編集]

テレビドラマ[編集]

★ 最多演出

オリジナルビデオ[編集]