岡部史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡部 史(おかべ ふみ、1951年[1] - )は、日本の翻訳家食文化研究者、児童文学作家歌人山形県出身。塔短歌会所属。

略歴[編集]

1974年日本女子大学文学部史学科卒業。アメリカノースカロライナ大学で学ぶ。1983年、塔短歌会入会。1993年、翻訳作品『魔女図鑑』(著:マルカム・バード)が、剣淵町絵本の館が主催する第3回剣淵絵本の里大賞を受賞[2]1999年、「星の界・砂の界」で第45回角川短歌賞候補。2000年「高原を吹く風」で第46回角川短歌賞候補。

2009年3月、河野裕子の歌をきっかけに受診したところ、子宮体癌と判明[3]。2016年2月、闘病歌日記『ニつぶ重いやまひだれ』を発表した[4]。短歌とエッセイを組み合わせた形式の歌日記である。

リンパ節の除去も必要だったことから術後にリンパ浮腫を発症し、手術を受ける。これらの経緯は朝日新聞「患者を生きる」に6回にわたり連載される。「短歌のはげまし」という副題にみられるように、生活・写実を主とする短文である短歌は闘病時の思いを端的に表現でき、病者の心のよりどころになることを述べている[3]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『マユのお姫様修行』1990、ポプラ社
  • 『17文字はときめきパズル』1990、ポプラ社
  • 『古きよきアメリカンスイーツ』2004、平凡社新書
  • 『お菓子のうた』2012、ヴイツーソリューション
  • 『ニつぶ重いやまひだれ』2015、青磁社
  • 郷土菓子のうた ー甘味の地域文化誌2017, ヴイツーソリューション

翻訳書[編集]

  • 『はだしのバレリーナ』(ドウールーリ原作)1989、ポプラ社
  • 『魔女図鑑』(マルカム・バート原作)1992、金の星社
  • 『どうぶつがいっぱい』(レスター原作)1995、カワイ出版
  • 『ポコリンのふしぎなドア』(ジェニングス原作)1997、カワイ出版
  • 『くつのおうち』(マクリーン原作)1995、カワイ出版
  • 『まふぇっとさんのおみせ』(マクリーン原作)1995、カワイ出版
  • 『かぼちゃのおうち』(マクリーン原作)1996、カワイ出版
  • 『むらのゆうびんきょく』(マクリーン原作)1996、カワイ出版
  • 『なしのきのうえん』(マクリーン原作)1996、カワイ出版
  • 『きょうりゅうくんだあいすき』(ステイックランド原作)2001、カワイ出版
  • オペラ座の怪人』(ガストン・ルルー原作、K・マクマラン著)2005、金の星社
  • 『オペラ座の怪人』(ガストン・ルルー原作、K・マクマラン著)2010、フオアー文庫

歌集[編集]

  • 『コットンドリーム』1988、雁書房
  • 『宇宙卵』1991、筑波書房
  • 『韃靼の羊』2002、砂子屋書房

その他著書多数

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「歌壇名簿」『短歌研究』2014年12月号(2015短歌年鑑)、短歌研究社、2014年
  2. ^ 剣淵絵本の里大賞受賞者一覧”. 2016年2月27日閲覧。
  3. ^ a b 石川雅彦 (2016年2月15日). “がん 短歌のはげまし”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://digital.asahi.com/articles/SDI201602149050.html 
  4. ^ 石川雅彦 (2016年2月12日). “(患者を生きる:2988)がん 短歌のはげまし:4 いつか、だれか救う歌に”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/DA3S12206056.html 

参考文献[編集]

  • 塔辞典 塔短歌会、2014年

外部リンク[編集]