岡田貴久子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田 貴久子(おかだ きくこ、1954年12月12日 - )は、日本の児童文学作家同志社大学英文学科卒業。第11期日本児童文学学校修了。

「ブンさんの海」により第7回毎日童話新人賞優秀賞を受賞。「うみうります」と改題、白泉社より刊行される。「12色のつばさ」(原題:「つばさはばたけ」)によりアンデルセン・メルヘン大賞優秀賞を受賞。 月刊MOE(白泉社)にて書評も担当する。「うみうります」は日本書籍教科書4年国語・上に収められている。

横浜市在住。娘は詩人作家草間小鳥子

著書[編集]

絵本[編集]

小説[編集]

児童書[編集]

寄稿、作品掲載[編集]

  • 「守ってあげたい」(絵:坂田靖子白泉社、『花丸』創刊号)
  • 「十二色のつばさ」(学校図書、『読んでおきたい5年生の読みもの』)