岡本理一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡本 理一(おかもと りいち、1908年 - 1992年[1])は、日本経営学者商学者。専門は、中小企業経営論。元・旭川大学学長。元・札幌大学学長。小樽商科大学名誉教授

桃山中学校(旧制)(現・桃山学院中学校・高等学校)卒業。1936年(昭和11年)兵庫県立神戸高等商業学校卒業。その後、小樽高等商業学校講師を経て、1940年(昭和15年)小樽高等商業学校教授1951年(昭和26年)小樽商科大学商学部教授。1970年(昭和45年)小樽商科大学停年退官。同名誉教授。札幌大学学長代行代理。1971年札幌大学学長。1974年札幌大学学長を退任。同経済学部教授。1977年(昭和52年)北海学園北見大学商学部教授・同商学部長。1982年(昭和57年)旭川大学学長。1985年旭川大学学長を退任。

受賞歴[編集]

主著[編集]

  • 日本経営学会編『経​営​学​の​再​吟​味​・​経​済​変​動​と​経​営』(同​文​館、1948年)
  • 『中​小​商​業​経​営​の​展​開』(​​國​元​書​房、1949年)
  • 『中​小​企​業​の​経​営』(北​海​道​労​働​文​化​協​会、1957年)

参考文献[編集]

  1. ^ 『人事興信録 第37版』(人事興信所 , 1993年)
  • 『日本著作名・人名典拠録 1 あ~け』(日外アソシエーツ、1989年)
  • 『日本紳士録 第72版』(ぎょうせい , 1992年)
先代:
武田孟
学校法人札幌大学学長
第3代: 1971年 - 1974年
次代:
馬場元二
先代:
市川純彦
学校法人札幌大学女子短期大学部学長
第3代: 1971年 - 1974年
次代:
市川純彦
先代:
広沢吉平
旭川大学学長
第4代: 1980年 - 1985年
次代:
高野斗志美