岡山武道館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡山武道館
Okayama Budokan
Externals of Okayama Budoukan.JPG
施設情報
用途 スポーツ大会(柔道、剣道、バレーボール、バドミントン等)
各種イベント
収容人数 客席数2,800席
(2階固定席1,700席、1階移動席1,100席)
管理運営 社団法人岡山県総合協力事業団(指定管理者
竣工 1970年(昭和45年)
所在地 700-0012
岡山市北区いずみ町2-1-8
位置 北緯34度40分51秒
東経133度54分50秒
岡山武道館内部

岡山武道館(おかやまぶどうかん、Okayama Budokan)は、岡山県岡山市北区いずみ町の岡山県総合グラウンド内にある武道館である。

概要[編集]

1970年(昭和45年)竣工、建物は岡山県が所有し、財団法人岡山県武道振興会が指定管理者として運営・管理を行っている[1]

主道場は座席数2,800席。武道競技だけでなく、バレーボールバドミントンにも対応できる。その他、柔道剣道の練習道場もある。なお、建物や設備は竣工当時から大きな修繕工事等は行われておらず、老朽化が進んでいるため、当施設の建設資金を負担した岡山県武道振興会から施設の改築が要望されている。

利用状況[編集]

年間約9万人が使用し、主に武道競技が中心で、2009年平成21年)まで毎年開催された都道府県対抗全日本女子柔道大会2005年(平成17年)の晴れの国おかやま国体の会場としても使用された。

さらにはプロレスの興行にも使用され、全日本プロレス新日本プロレス[2]国際プロレスプロレスリング・ノアIWA・JAPAN全日本女子プロレスNEO女子プロレスが岡山での興行の際には使用していた会場でもある[3]ラッシャー木村阿修羅・原も当武道館で金網デスマッチを行った他(対戦相手は木村がオックス・ベーカー、原がジプシー・ジョー[4]、1991年4月4日には、全日本プロレスの井上雅央(後プロレスリング・ノア、現在フリーランス)と浅子覚(現在は引退しプロレスリング・ノアのトレーナー)の両レスラーが当武道館にてデビュー戦を行った。試合カードは百田光雄、井上雅央組vsリチャード・スリンガー、浅子覚組[5]

プロボクシングでもウルフ時光ホセ・アントニオ・アギーレの持つ世界タイトルに挑戦した試合や、オケロ・ピータートアキバ・タセファ(ニュージーランド)の持つOPBF東洋太平洋ヘビー級王座に挑戦した試合、そして最近では2014年に東洋太平洋スーパーバンタム級王者和氣慎吾の凱旋試合が当武道館で行われた。

建物・施設[編集]

  • 主道場
    • 観客席:2,800席(2階固定席1,700席、1階移動席1,100席)
    • 競技用途:柔道2面、剣道2面、バレーボール1面、バドミントン4面
  • 練習道場:384m²(柔道230畳、剣道16m×24m)

隣接する施設[編集]

交通アクセス[編集]

  • JR岡山駅から路線バス利用
    • 東口バスターミナル7番乗り場から、岡電バス中鉄バス (16)「津高台団地・半田山ハイツ」行き、(26)「国立病院」行き、(36)「辛香口」行き、(86)「免許センター」行き、「武道館口」下車。
    • 西口交通広場から、岡電バス (47)「岡山大学岡山理科大学」行き、「スポーツセンター前」下車。
    • 西口交通広場から、岡電バス (76)「中央病院・津高営業所」行き、「武道館前」下車。
  • JR岡山駅西口から岡山大学方面へ徒歩約15分。

脚注[編集]

  1. ^ 岡山武道館ホームページ記載
  2. ^ 同グラウンド内にあった岡山県体育館を興行会場として使用していたが、1979年のマジソン・スクエア・ガーデンシリーズでは岡山武道館を使用している(週刊ゴング増刊号『新日本プロレス隠れ名勝負100』2000年参照)。
  3. ^ 2006年頃より、各団体とも市内での興行では、岡山県卸センター・オレンジホールを使用する場合が多くなった。もともと同ホールは中小プロレス団体が使用していた。
  4. ^ 忘れじの国際プロレス P99 ベースボール・マガジン社 2014年
  5. ^ プロレスリング・ノア オフィシャルサイト 井上雅央

外部リンク[編集]