オケロ・ピーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オケロ・ピーター
基本情報
本名 ピーター・オケロ
通称 The Letter O
階級 ヘビー級
身長 193cm
国籍 ウガンダの旗 ウガンダ
誕生日 (1972-06-19) 1972年6月19日(46歳)
出身地 カンパラ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 29
勝ち 21
KO勝ち 19
敗け 8
テンプレートを表示

オケロ・ピーターOkhello Peter、男性、1974年6月19日 - )は、ウガンダ出身のプロボクサー。本名はピーター・オケロPeter Okhello)。緑ボクシングジム所属。旧リングネームはMG・ピーターMG Peter)。

来歴[編集]

1997年に来日し北陸イシマルジムに所属。リングネームピーター・イシマル」として12月6日福井県敦賀市での酒井公高(相模原ヨネクラ)との対戦でプロデビューし、勝利を収めた。

1999年4月10日岡山武道館にてトアキバ・タセファニュージーランド)が持つOPBF東洋太平洋ヘビー級王座に挑戦するも判定負け。これがプロ初の敗北となった。

2000年12月、緑ジムに移籍。以後は「オケロ・ピーター」を名乗った。

2001年3月31日名古屋センチュリーホールにて空位となったOPBF東洋太平洋ヘビー級王座に再挑戦。トーン・フィソ(ニュージーランド)を判定で下し、王座を獲得した。

2005年3月23日後楽園ホールにおいて、日本人初となる高橋良輔(金子)の同ヘビー級王座への挑戦を退け、8度目の防衛に成功した。

同年6月11日ドイツ・ケンプソンにてサイナン・サミールサン(ドイツ)が持つWBCインターナショナルヘビー級王座に挑むも判定負け。

2006年4月15日、後楽園ホールにてボブ・ミロビック(オーストラリア)を判定で下しOPBF王座9度目の防衛に成功した。

同年9月、世界王座挑戦を控えてOPBF王座は返上し、11月11日にはリングネームを「MG・ピーター」へ改めた。

同年12月10日ロシアモスクワオリンピスキー・スポーツ・コンプレックスオレグ・マスカエフカザフスタン)が持つWBC世界ヘビー級王座に挑戦。日本のジム所属選手初のヘビー級での世界挑戦だったが、判定で敗れた。

2009年7月5日、再び「オケロ・ピーター」として名古屋国際会議場で楠ジャイロ(松田)とヘビー級6回戦を行い、初回KO勝利で2年7か月ぶりの再起を果たした[1]

2010年5月8日、大阪にて名城信男 vs ウーゴ・カサレスのアンダーカードとしてローレンス・タウアサ(サモア)に6回KO勝利。その後緑ジムと契約が切れる[2]

2011年4月17日、インドネシアにてクリス・ジョン vs ダウド・ヨルダンのアンダーカードとしてアレックス・リーパイ(オーストラリア)と対戦するが、3回KO負け。

2012年、緑ジムに復帰[3]

同年11月24日、中国・雲南省昆明市にて熊朝忠 vs ハビエル・マルティネスのアンダーカードでフレディ・ミラー(アメリカ合衆国)に4回TKO勝利[4]

2013年7月25日、日本での3年ぶりの試合を後楽園ホールにて56年ぶりに復活する日本ヘビー級王座をかけて藤本京太郎と対戦するが、6回に2度のダウンを奪われKO負け[5]

2014年3月28日、中国の四川省遂寧市にてエフゲニー・オルロフと12回戦で対戦するが9回に棄権負けとなった。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 元世界ヘビー級挑戦者ピーターが再起 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年7月5日閲覧
  2. ^ 離日のピーターがインドネシアで復帰戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年3月26日閲覧
  3. ^ ヘビー級 緑ボクシングジム
  4. ^ 中国に初の世界王者 内藤と戦った熊が殊勲 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月25日閲覧
  5. ^ “藤本がKOでピーター下す 日本ヘビー級決定戦”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年7月25日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/07/blog-post_6164.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
コリン・ウィルソン
第13代OPBF東洋太平洋ヘビー級王者

2001年3月31日 - 2006年9月(返上)

空位
次タイトル獲得者
アレックス・リーパイ