山路藍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山路 藍(やまじ あい、1986年5月8日 - )は、兵庫県宝塚市出身の女子競輪選手。現姓、加渡[1]。登録地は京都府。元吉本興業所属のタレント。元テコンドー選手。

経歴[編集]

中学では空手をやっていたが、女子の大会が極めて少ないことを理由に、兵庫県立宝塚東高等学校に入学後、オリンピック競技であるテコンドーに取り組むことになった。その後、天理大学に進学し、2006年に行われた世界学生テコンドー選手権のフライ級で3位に入った。しかし、2008年開催の北京オリンピック出場をかけた、2007年世界テコンドー選手権大会の同級では2回戦で敗退。この時点でオリンピックへの道が絶たれた[2]ことから、その後のモチベーションが低下した。

そんな折、吉本新喜劇のオーディションがあることが目に留まった。そして、「第5個目 金の卵オーディション」合格者[3]となり、大学を卒業後、吉本興業に入った。しかし、夜通し働いても薄給[4]な上に、新喜劇に出演しても、ただコケているだけの端役の現状が続いた[5]ことから、「お笑いの才能がない」と悟り、2年間活動した後、退団。その後、ボクシング選手を目指すも、ドクターストップがかかり、活動不能となってしまった。

失意のなか、新聞を読んでいたところ、中村由香里の活躍が目に留まった。それは2012年ガールズケイリンが始まった年でもあった。これをきっかけに、自転車愛好会への入会を経て、競輪選手になろうと決意。また、自宅から通うには、自身が在住していた兵庫県よりも、京都向日町競輪場のほうが近いという理由から、同場の愛好会に入会。そこで、川村晃司(85期)が師匠となり、日本競輪学校第106回入学試験を目指した。

愛好会入会からわずか数か月練習しただけで挑んだ競輪学校受験だったが、2012年12月20日、第106回技能試験に合格[6]。在校競走成績は14位(1勝)[7]

2014年5月9日奈良競輪場でデビューし2着。同年7月20日青森競輪場で初勝利を挙げた。

2016年11月3日、4歳上の会社員と5年越しの交際を実らせて入籍した[8]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]