山谷清志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山谷 清志(やまや きよし、1954年4月25日 - )は、日本政治学者同志社大学教授。専門は行政学、政策評価論、行政責任論。今村都南雄に師事。

来歴[編集]

学歴[編集]

  • 1954年 - 青森県青森市寺町46番地に生れる。
  • 1961年 - 私立聖マリヤ幼稚園卒園。
  • 1967年 - 青森市立橋本小学校卒業。
  • 1970年 - 青森市立野脇中学校卒業。
  • 1973年 - 青森県立青森高等学校卒業。
  • 1978年 - 中央大学法学部政治学科卒業。
  • 1982年 - 中央大学大学院法学研究科博士前期課程修了(法学修士)。
  • 1988年 - 中央大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。
  • 2000年 - 中央大学博士政治学)。

職歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『公共部門の評価と管理』(晃洋書房、2010年)
  • 『男女共同参画政策』(共編著 晃洋書房、2015年)

共著[編集]

  • 西尾勝村松岐夫編 『市民と行政(講座行政学 第6巻)』(有斐閣、1995年)
  • 佐々木信夫編 『政策開発』(ぎょうせい、1998年)
  • 新藤宗幸編 『住民投票』(ぎょうせい、1999年)
  • 西尾勝編 『行政評価の潮流』(財団法人行政管理研究センター、2000年)
  • 今村都南雄編 『日本の政府体系』(成文堂、2002年)
  • 福田耕治真渕勝縣公一郎編 『行政の新展開』(法律文化社、2002年)
  • Furubo, Jan-Eric, Rist, Ray C., Sandahl,Rolf, eds.,International Atlas of EvaluationNew Brunswick,Transaction Publishers、2002)
  • 今川晃編 『自治体の創造と市町村合併』(第一法規、2003年)
  • 西尾隆編 『住民コミュニティとの協働(自治体改革9)』(ぎょうせい、2004年)
  • 村松岐夫編 『公務改革の突破口』(東洋経済新報社、2008年)
  • 湊直信藤田伸子編 『開発援助の評価とその課題』(財団法人国際開発高等教育機構、2008年)
  • 足立幸男編 『持続可能な未来のための民主主義』(環境ガバナンス叢書8、ミネルヴァ書房、2009年)
  • 新川達郎編 『政策学入門』(法律文化社、2013年)
  • Adachi,Yukio,et.al. eds., Policy Analyasis in Japan, (Policy Press, 2015)

所属学会[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://evaluationjp.org/outline/directors.html
  2. ^ http://www.js-pa.org/?page_id=1678
  3. ^ http://www.geocities.jp/ppsaj_k/ri_ben_gong_gong_zheng_ce_xue_hui_guan_xi_zhi_bu/Blog/entori/2012/9/25_kai_cui_xiaoyorio_li.html