山田渡辺氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田渡辺氏(やまだわたなべうじ)とは、現在の広島県福山市沼隈半島一帯を領有し、山田一乗山城主であった武家である。彼らは嵯峨天皇の皇子で臣籍に降下した源融の6代後渡辺綱の後裔であり、嵯峨源氏名門の家柄である。

歴史[編集]

渡辺持は足利尊氏に従って武功をあげ、備後国山田荘地頭職を与えられた。持のあと、忠・直・重と代々続いた。

応仁の乱において、渡辺氏は東軍についた。

渡辺氏と鞆幕府[編集]

渡辺元[注釈 1]は、将軍・足利義昭織田信長によって京都から追放されたのち、毛利輝元の後ろ盾の下で置いた鞆幕府で義昭に近侍し、その身辺を警固した。それゆえ、渡辺一族の群を抜いた活躍に義昭が感動したことで白傘袋毛氈鞍覆の使用を許す御内書が下された。白傘袋と毛氈鞍覆とは室町時代守護大名家に許された印であり、山田渡辺氏はこれにより守護大名家と同格扱いになった。

没落[編集]

しかし、関ヶ原の戦いで西軍につき、江戸幕府から一乗山城退去を命じられ、その後は没落していくこととなった。以後、新たに入封してきた福山藩主の水野氏に仕えた。なお、水野氏の時代は側室を出すなどそれなりの家格を保っていたが、天領時代・阿部氏時代になるとそのようなこともなくなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 渡邊民部少輔元[1]
  1. ^ 『渡辺氏由縁書』[要文献特定詳細情報]

関連項目[編集]