山田創平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山田創平
人物情報
生誕 日本の旗 日本
出身校 名古屋大学
学問
研究分野 社会学
研究機関 京都精華大学
学位 博士(文学)
テンプレートを表示

山田 創平(やまだ そうへい、1974年 - )は、日本の社会学者京都精華大学全学研究機構社会連携センター長・人文学部准教授。博士(文学)

専門は言説分析、及び言説理論を用いた地域研究、人権研究。

経歴[編集]

群馬県生まれ。群馬県立高崎高等学校立命館大学文学部地理学科卒。名古屋大学大学院国際言語文化研究科博士課程修了。

厚生労働省所管の研究機関や民間のシンクタンクで研究員をつとめたのち、公益財団法人エイズ予防財団博士研究員、独立行政法人国際協力機構(JICA)アジア地域短期技術協力専門家、NGO職員などを経て現職。都市におけるマイノリティ研究、言説理論を用いた地域研究で知られる。

関西広域機構文化振興専門委員、京都産業大学キャリア教育研究開発センター客員研究員、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団アサヒアートフェスティバル選考検証委員、特定非営利活動法人関西エイズ対策協議会副代表理事などの公職兼任を経て、現在は特定非営利活動法人アートNPOリンク理事、大阪市現代芸術創造事業(ブレーカープロジェクト)実行委員、京都文化芸術都市創生計画・HAPS実行委員[1]などを兼任している。

各地の美術館や芸術センターにおいて教育プログラムのコーディネートを手がける他、国内外のアートプロジェクトでリサーチやコンセプトデザインに関わっている[2]。また近年はアーティストとしても活動しており、BEPPU PROJECT2010(別府、2010)、life with art(京都・ロンドン、2011)、KASHIMA(別府、2012)、潜水と浮上(京都、2013)などの芸術祭や企画展に作品を出展している。国東半島芸術祭(2014)ではコンセプターをつとめた。

思想[編集]

反差別、反ヘイトスピーチのアクティビストとして知られる[3]。2017年衆議院議員総選挙では大阪市京橋駅前において立憲民主党代表の枝野幸男と共に街頭演説を行っている[4]。また2017年に日本共産党が主催する革新懇談会において講師をつとめており、左派論客としての活動が目立つ。

作品[編集]

  • 『水図』(インスタレーション、2010-2013、コンセプトデザイン:山田創平、絵:ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、音楽:山中透、映像:松浦莞二
  • 『水を飲む』(パフォーマンス、2013、コンセプトデザイン・演出:山田創平、出演:宮階真紀、u-ta、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、音楽:山中透、会場:ARTZONE)
  • 『井戸の話』(パフォーマンス、2013、原作・演出:山田創平、出演:宮階真紀、u-ta、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、瀧口翔、薮内美佐子、MuDAほか、音楽:山中透、山/完全版、会場:アトリエ劇研)

編著書[5][編集]

  • 『たたかう LGBT&アート〈同性パートナーシップからヘイトスピーチまで、人権と表現を考えるために〉』(法律文化社、2016)

共著書[6][編集]

  • 『大阪観考』(森村泰昌、ヤノベケンジ他との共著、京阪神エルマガジン社、2011)
  • 『ミルフイユ04-今日のつくり方』(志賀理江子、椹木野衣他との共著、せんだいメディアテーク編、赤々舎、2012)
  • 『ミルフイユ05-技と術』(伊東豊雄、多和田葉子他との共著、せんだいメディアテーク編、赤々舎、2013)
  • 『ジェンダーと「自由」-理論、リベラリズム、クイア』(大橋洋一、三浦玲一他との共著、一橋大学大学院言語社会研究科編、彩流社、2013)
  • 『国東半島芸術祭公式ガイドブック』(美術出版社、2014)
  • 『国東半島芸術祭記録集』(石川直樹、赤坂憲雄他との共著、美術出版社、2015)
  • 『キャリア・プランニング―大学生の基礎的な学びのために』(ナカニシヤ出版、2016)
  • 『釜ヶ崎で表現の場をつくる喫茶店、ココルーム』(谷川俊太郎、鷲田清一、森村泰昌他との共著、フィルムアート社、2016)

その他[編集]

2008年に名古屋大学名誉修了者に選ばれている[7]

2016年3月14日の朝日新聞朝刊一面「折々のことば(鷲田清一選)第339回」に発言が引用された[8]

脚注[編集]

  1. ^ 東山アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)ホームページ「HAPSとは」 http://haps-kyoto.com/about/ (2015年12月19日閲覧)
  2. ^ 京都精華大学公式ホームページ http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/faculty/yamada-sohei/ (2015年12月19日閲覧)
  3. ^ 図書新聞「世界と人間の複雑さ、友情についての覚書」http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/week_description.php?shinbunno=3202&syosekino=8212 (2017年10月21日閲覧)
  4. ^ IWJ「立憲民主党 街頭演説(大阪・京橋) ―弁士 枝野幸男代表ほか」 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400195 (2017年10月21日閲覧)
  5. ^ 京都精華大学公式ホームページ http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/faculty/yamada-sohei/ (2016年3月13日閲覧)
  6. ^ 京都精華大学公式ホームページ http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/faculty/yamada-sohei/ (2016年3月13日閲覧)
  7. ^ 2008年名古屋大学ホームカミングデイ http://www.nagoya-u.ac.jp/extra/home-coming-day/hcd_4/event.html (2015年12月19日閲覧)
  8. ^ 折々のことば:339 鷲田清一(朝日新聞2016.3.14)http://digital.asahi.com/articles/DA3S12256594.html(2017年3月15日閲覧)