山下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山下(やました、やまのした、やまもと、やまのもと、やましも、やまのしも、さんか、さんげ)

「山の下」「山のたもと」を意味する表現[1]。「山の麓」「山裾」。

やました[編集]

地名、駅名など[編集]

山下氏、山下姓[編集]

日本に多いの一つ。 (住んでいたところなどの)地形に由来している場合も多いが、地名に由来している場合もまた多い[1]

さまざまな起源を持つ山下氏が各地にいるが、有名なところでは、相模国(現 神奈川県)発祥の山下氏や、美濃国(現 岐阜県)発祥の山下氏などが繁栄した[1]

山下姓の地域ごとの分布としては、九州など西日本が特に多く、その密度トップは鹿児島県であり、以下 香川県長崎県熊本県..とつづく[1]

山下氏の家紋は美濃山下氏が用いた「左三つ巴」が比較的多いが、他にも「九曜」「四つ目菱」「雪持ち笹」など多種多様である[1]


さんか[編集]

さんげ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 高澤等、森岡浩 著『日本人の名字と家紋』プレジデント社、2017、p.27。

関連項目[編集]