局所恒星間雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

局所恒星間雲(きょくしょこうせいかんうん、Local Interstellar Cloud)は、現在、太陽系が通過しつつある(直径約30光年の)恒星間雲 (en:Interstellar cloud) である。LIC近隣宇宙星間雲局所けば (Local Fluff) などとも呼ばれる。

太陽系は、4.4万から15万年前に局所恒星間雲に突入し、あと1万から2万年は滞在すると推測されている。この雲の温度は約 6,000 K であり、太陽の表面温度と同等である。この雲は薄く、1立方センチメートルあたり0.26個の原子を含み、銀河系星間物質の約1/5、局所泡のガスの約2倍のガスからなる。ちなみに、標準状態での地球の大気は1立方センチメートルあたり2.7×1019個の分子を含んでいる。

雲は、局所泡とループ第一泡の接する場所に形成されている。太陽やいくつかの局所恒星は、局所恒星間雲に組み込まれている。著名な太陽以外の恒星に、ケンタウルス座アルファ星ベガアークトゥルスフォーマルハウトがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

関連書籍[編集]

  • Mark Anderson, "Don't stop till you get to the Fluff", "New Scientist" no. 2585, 6 Jan, 2007, pp. 26-30