小野清之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野 清之(おの きよゆき、1939年 - )は、米文学者千葉大学名誉教授。フォークナー研究で知られる。1945年小野家に谷崎潤一郎一家が疎開で滞在し谷崎家と親交がある。岡山県生まれ。

略歴[編集]

  • 1939年-岡山県で出生
  • 1958年- 岡山県立岡山朝日高等学校
  • 1962年- 京都大学文学部英文科卒業 山内邦臣に師事
  • 1965年- 京都大学大学院修士課程修了
  • 京都大学大学院博士課程単位取得後退学
  • 関西学院大学講師、助教授
  • 1977年-アメリカ留学、全米学術協議会特別研究員(1978年迄)
  • 関西学院大学文学部教授
  • 千葉大学文学部助教授
  • 1986年-アメリカ留学、フルブライト上級研究員(1988年迄)
  • 1990年-千葉大学文学部教授 (2005年迄)
  • 2005年-千葉大学名誉教授

著書、訳本[編集]

  • 『あの日、あの人』(英宝社、2005年)
  • 『アメリカ鉄道物語 - アメリカ文学再読の旅』(研究社1999年)
  • 『シャーロッツヴィル - アメリカ大学町点猫』(北星堂書店1990年)
  • 『マクファスン短編集』(南雲堂1990年)
  • 『メンフィスへ帰る ピーター・テイラー』(早川書房1990年)
  • 『現代イギリス作家選』(松柏社1988年)
  • 『フォークナー全集25』(富山房1984年)
  • 『新アメリカ文学史』(学書房1988年)共著山内邦臣
  • 『鉄道』(ミネルヴァ書房 2012年)共著小池滋 ,湯沢威 ,田中俊宏 ,松永和生
  • 『素顔の日本人 ピーター・ミルワード』(北星堂書店1984年)
  • 『English shrot stories of today』(松柏社1984年)

論文[編集]

参考文献[編集]

上記 小野清之著書の略歴等紹介文より。 (特に『あの日、あの人』で自叙伝の紹介。)