小野好古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
小野好古
Ono no Yoshifuru.jpg
小野好古(菊池容斎画)
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 元慶8年(884年
死没 康保5年2月14日968年3月20日
別名 野大弐
官位 従三位参議
主君 醍醐天皇朱雀天皇村上天皇冷泉天皇
氏族 小野氏
父母 父:小野葛絃
兄弟 好古道風
永樹、千古、女子、大蔵春実
特記
事項
一説には小野小町の従弟
テンプレートを表示

小野 好古(おの の よしふる)は、平安時代前期から中期にかけての公卿歌人参議小野篁の孫で、大宰大弐・小野葛絃の子。弟に三蹟の一人小野道風がいる。異名は「野大弐」。官位従三位・参議。

経歴[編集]

天慶2年(939年)の藤原純友の乱鎮圧の追捕山陽南海両道凶賊使長官として九州へ下向。追捕使判官(第3等官)藤原慶幸、主典(第4等官)大蔵春実等と共に、大宰府を襲撃した藤原純友軍を博多津にて撃退する。

天暦元年(947年)参議として公卿に列し、応和2年(962年従三位に至る。

歌人としても活躍し、『後撰和歌集』(4首)・『拾遺和歌集』(2首)に入首。また、大宰府にて曲水の宴を始めたとも伝えられる。

官歴[編集]

以下、『公卿補任』に拠る

  • 延喜12年3月27日(912年4月17日) 讃岐権守
  • 延喜17年正月29日(917年2月23日) 春宮(保明親王)権少進。
  • 延喜22年
  • 延長2年8月9日(922年6月23日) 大蔵少輔
  • 延長3年10月14日(925年11月2日) 中宮(藤原穏子)大進。
  • 延長8年11月16日(930年12月8日) 右衛門権佐
  • 承平元年閏5月11日(931年6月29日) 昇殿
  • 承平2年11月16日(932年12月16日) 従五位上。
  • 承平5年2月23日(935年3月30日) 備前権介
  • 承平6年正月29日(936年2月24日) 中宮権亮
  • 承平8年3月26日(938年4月28日) 右近衛少将。中宮亮如元。
  • 天慶2年
  • 天慶3年正月(940年-月-日) 兼追捕凶賊使
  • 天慶4年
    • 5月7日(941年6月4日) 従四位下
    • 8月18日(941年9月11日) 昇殿。
  • 天慶5年
    • 3月28日(942年4月16日) 左中弁
    • 12月(943年-月-日) 備前守[1]
  • 天慶7年2月21日(944年3月18日) 兼山城守
  • 天慶8年10月14日(945年11月21日)[2] 大宰大弐
  • 天暦元年
    • 4月26日(947年5月19日) 任参議
    • 5月2日(947年5月24日) 太宰大弐如元。
    • 12月25日(948年2月7日) 任大弐。(復任)。
  • 天暦5年(951年) 辞太宰大弐。参議如元。
  • 天暦6年正月11日(952年2月9日) 兼伊予権守。参議如元。
  • 天暦7年
    • 正月7日(953年1月24日) 従四位上。
    • 正月27日(953年2月13日) 兼讃岐権守。参議如元。
  • 天暦9年9月17日(955年10月5日) 兼備中権守。参議如元。
  • 天徳2年
  • 天徳3年7月17日(959年8月23日) 兼左大弁。参議如元。
  • 天徳4年
    • 正月24日(960年2月23日) 兼備中守。
    • 4月23日(960年5月21日) 任大宰大弐。止弁弼等。
  • 応和2年正月7日(962年2月14日) 従三位
  • 康保2年(965年) 止大弐。参議如元。
  • 康保4年7月7日(967年8月15日) 致仕。散官。
  • 康保5年2月14日(968年3月15日) 薨去。

系譜[編集]

  • 父:小野葛絃
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 男子:小野永樹
    • 男子:小野千古
    • 女子:[3]
    • 女子:大蔵春実

脚注[編集]

  1. ^ 或いは備前権守。
  2. ^ 或いは10月4日(945年11月11日)。
  3. ^ 『後撰和歌集』に小野好古女として2首が入集している。

参考文献[編集]

  • 宝賀寿男編著『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年昭和61年)・・・系譜セクションの出典

小野好古が登場する作品[編集]