小郷尚久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小郷 尚久
(おごう なおひさ)
生誕 1973年5月
居住 日本の旗 日本
研究分野 薬学
研究機関 サントリー生物医学研究所
第一サントリー生物医学研究所
静岡県環境衛生科学研究所
静岡県立大学
出身校 京都薬科大学薬学部卒業
京都大学大学院
薬学研究科修士課程修了
静岡県立大学大学院
薬学研究科博士後期課程修了
主な業績 新規分子標的抗癌剤の創出を
目的としたリード探索と
構造最適化研究
医薬品や候補物質
作用機序解析
バイオマーカーの探索
主な受賞歴 メディシナルケミストリー
シンポジウム優秀賞

2014年
プロジェクト:人物伝

小郷 尚久(おごう なおひさ、1973年5月 - )は、日本薬学者創薬化学ケミカルバイオロジー化合物ライブラリー)。学位博士(薬学)静岡県立大学2008年)。静岡県立大学大学院薬学研究院講師・附属創薬探索センター講師・薬学部講師。

株式会社サントリー生物医学研究所研究員株式会社第一サントリー生物医学研究所研究員、静岡県環境衛生科学研究所主査などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1973年5月生まれ[1]京都薬科大学に進学し、薬学部の生物薬学科にて学んだ[2]1996年3月、京都薬科大学を卒業した[2]。その後は京都大学大学院に進学し、薬学研究科にて学んだ[2]1999年3月、京都大学の大学院の修士課程を修了した[2]。なお、後年になって静岡県立大学の大学院に進学し、薬学研究科にて学んだ[2]2008年3月、静岡県立大学の大学院の博士後期課程を修了した[2]。それにともない、博士(薬学)学位を取得した[3]

研究者として[編集]

京都大学大学院修了後は、サントリー生物医学研究所に入社し、1999年4月から研究員を務めた[4]。その後、サントリーからの会社分割により、新たに第一サントリー生物医学研究所が発足したことにともない、2003年1月より第一サントリー生物医学研究所にて研究員を務めた[4]。なお、この第一サントリー生物医学研究所は、のちに第一サントリーファーマ吸収合併され、アスビオファーマの源流の一つとなった企業である[5]2004年4月、静岡県環境衛生科学研究所に転じ、技師となった[4]2012年4月には、静岡県環境衛生科学研究所にて、主査に昇任した[4]。その間、2008年4月から2012年11月にかけて、母校である静岡県立大学にて創薬探索センターの客員共同研究員を兼任した[4]。その後、静岡県立大学に転じ、大学院の薬学研究院にて講師に就任した。大学院においては、浅井章良澤田潤一らとともに創薬探索センターでの研究に従事するとともに[1][6]、薬食生命科学総合学府の講義を担当した。なお、静岡県立大学においては薬学部などの学部の講師は兼務しておらず、あくまで大学院とそこに設置された創薬探索センターでの活動が主となっている。古巣である静岡県環境衛生科学研究所においては、2012年11月より客員研究員を兼任している[4]

研究[編集]

専門は薬学であり、特に創薬化学ケミカルバイオロジー化合物ライブラリーといった分野を中心に研究している[7]。具体的には、分子標的治療薬としての抗癌剤の新規創出を目指し、リード探索と構造最適化研究に取り組んでいる[8]。また、医薬品の候補となる物質について、その作用機序の解析バイオマーカーの探索を行っている[8]。そのほか、低分子化合物を利用した細胞ネットワークの解析や、その人工的な制御についての研究にも従事している[8]石川吉伸らと執筆した論文「Structure-Guided Design of Novel l-Cysteine Derivatives as Potent KSP Inhibitors」は、アメリカ化学会の発行する『ACS Medicinal Chemistry Letters』に掲載されるとともに[9]、同誌の表紙を飾っている[10][11]。これらの業績に対しては、2014年11月日本薬学会よりメディシナルケミストリーシンポジウム優秀賞が授与されている。

学術団体としては、日本薬学会、日本ケミカルバイオロジー学会などに所属している[12]

略歴[編集]

賞歴[編集]

著作[編集]

  • 鈴木紳之ほか稿「ファルマバレープロジェクト創薬探索研究における静岡化合物ライブラリーの構築と活用について」『静岡県環境衛生科学研究所報告』53号、静岡県環境衛生科学研究所、2010年、53-57頁。ISSN 1343-246X
  • 小郷尚久稿「次世代有糸分裂阻害剤――CENP-E阻害剤の創製と抗腫瘍効果」『ファルマシア』47巻2号、日本薬学会2011年2月1日、166-167頁。
  • 浅井章良・小郷尚久稿「創薬研究における点と線――ドラッグライクとドラッガブルの接点を探る」『細胞工学』32巻6号、学研メディカル秀潤社、2013年、644-648頁。ISSN 0287-3796

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「教員情報詳細」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  2. ^ a b c d e f 「学歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  3. ^ 「学位」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  4. ^ a b c d e f 「主な経歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  5. ^ 「アスビオのあゆみ」『アスビオファーマ株式会社:会社案内:アスビオのあゆみアスビオファーマ
  6. ^ 「教職員」『AWDLP310-027静岡県立大学創薬探索センター
  7. ^ 「専門分野」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  8. ^ a b c 「主要研究テーマ」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  9. ^ Naohisa Ogo, et al., "Structure-Guided Design of Novel l-Cysteine Derivatives as Potent KSP Inhibitors", ACS Medicinal Chemistry Letters, Vol.6, Iss.9, American Chemical Society, 2015, pp.1004–1009.
  10. ^ "About the Cover", Cover Description: Vol. 6, Iss. 9 - ACS Medicinal Chemistry Letters (ACS Publications), ACS Publications.
  11. ^ 「薬学研究院創薬探索センターの論文が米国化学会学術雑誌の表紙に」『薬学研究院創薬探索センターの論文が米国化学会学術雑誌の表紙に:静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学2015年9月17日
  12. ^ 「所属学会」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]