アスビオファーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アスビオファーマ株式会社
Asubio Pharma Co., Ltd.
Asubio Pharma Headoffice.JPG
アスビオファーマ本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
650-0047
兵庫県神戸市中央区港島南町6-4-3
設立 2002年12月
業種 医薬品
法人番号 4140001033238
事業内容 医薬品の研究、開発
代表者 南竹 義春
資本金 110億円(完全買収直後)
5,000万円(減資後)
従業員数 208人(2010年4月現在)
主要株主 第一三共株式会社:100%
外部リンク http://www.asubio.co.jp/
テンプレートを表示

アスビオファーマ株式会社は医薬品の研究開発を行う第一三共の子会社である。

概要[編集]

元々は、1979年にサントリー(現・サントリーホールディングス)が医薬事業部を創業したことに始まる。その後、1991年に同社の医薬品第一号商品として抗不整脈治療剤「サンリズム」を発売した。

その後、「サンリズム」の販売提携を行うなど、長年の信頼関係にあった第一製薬とサントリーの共同出資によりサントリーの医薬事業部を分社化し、現会社の前身となる第一サントリーファーマを設立した(出資比率:サントリー34%、第一製薬66%)。

その後、第一製薬の完全子会社化を機に第一アスビオファーマに商号変更し、本社を東京都港区赤坂に移転。2007年4月に親会社の第一製薬が三共と統合し、第一三共に商号変更すると同時に現社名となった。

そして、グループ再編に伴って、2010年4月からは医薬品の研究開発一筋に行うこととなり、同年10月にはこれまで分散していた本社並びに国内の研究所を集約し、兵庫県神戸市のポートアイランドにある神戸医療産業都市に竣工された本社機能・研究所を兼ね備えた新事業所へ移転した。

ちなみに社名の"アスビオ"とは、ギリシャ神話の医術・薬の神「アスクレーピオス」にちなんだ造語で、日本語の「明日のバイオ(生命)」という意味にもつながっている。

沿革[編集]

  • 1979年 - サントリー(現・サントリーホールディングス)が医薬事業部を設立
  • 1991年 - 第一号医薬品「サンリズム」製造開始
  • 2002年12月 - サントリーと第一製薬の共同出資により第一サントリーファーマを設立。翌月にサントリーの医薬事業部の全事業を承継し営業開始
  • 2005年4月 - 第一サントリー生物医学研究所を吸収合併
  • 2005年10月 - 第一製薬の完全子会社化に伴い、商号を第一アスビオファーマに変更すると共に、本社を東京都港区赤坂へ移転。
  • 2007年4月 - 商号をアスビオファーマに変更
  • 2010年4月 - 生産機能をグループ会社の第一三共プロファーマに移管すると共に、保有していた製品、知的財産権等の権利・機能をグループ内で再編し、研究開発企業に特化。
  • 2010年10月 - 本社・生物化学研究所・バイオ創薬センターを集約し、兵庫県神戸市へ移転。

外部リンク[編集]