小嶋直也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小嶋 直也(こじま なおや、1971年1月25日[1] - )は、日本のバレエダンサーである。ヴァルナ国際バレエコンクールで、日本人男性初の第1位(金メダル)を受賞したことなどで知られている[2]

経歴[編集]

長野県出身。上田市立第三中学校卒業[1]。11歳のとき、母・小嶋恵美子のもとでバレエを始める。橘バレヱ学校を経て1986年牧阿佐美バレヱ団に入団し、さまざまな役を踊った。

1994年から1年間、日本人男性としては初めてアメリカン・バレエ・シアターと1年の出演契約を結んだ[2]

1997年からは、新国立劇場バレエ団でも活躍し、開場記念公演『眠れる森の美女』、『梵鐘の聲』などに出演した。2009年からは、酒井はな逸見智彦らと並んで新国立劇場バレエ団オノラブル・ダンサー(名誉ダンサー)の地位にある[3]

また、彼は牧阿佐美バレヱ団でバレエ・マスターの地位につき、後進の指導にも当たっている。

受賞歴[編集]

出演[編集]

DVD[編集]

  • 橘バレヱ学校バレエ・レッスン・シリーズ『舞台に立つために』(新書館
  • 新国立劇場バレエ団オフィシャルDVD『白鳥の湖』(世界文化社[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.507
  2. ^ a b c 服部智恵子賞歴代受賞者一覧 Archived 2013年3月11日, at the Wayback Machine. (公益社団法人日本バレエ協会ウェブサイト) 2011年6月19日閲覧。
  3. ^ オノラブル・ダンサー(名誉ダンサー) (PDF) 新国立劇場ウェブサイト 2011年6月19日閲覧。
  4. ^ 特典映像で、彼が出演した『ドン・キホーテ』第1幕からバジルと女友達の踊りの部分が収録されている。