小島聖矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小島聖矢 Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 KOJIMA Seiya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-06-02) 1989年6月2日(29歳)
出身地 栃木県下都賀郡野木町
身長 171cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム タイ王国の旗 タイ・リーグ
ウボン・UMT・ユナイテッド
ポジション MF
背番号 ?
ユース
2005–2007 日本の旗 流通経済大学付属柏高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008–2012 日本の旗 流通経済大学 35 (1)
2012–2013 タイ王国の旗 シーラーチャーFC
2013 タイ王国の旗 サイアム・ネイビーFC
2014–2015 タイ王国の旗 アユタヤFC
2016–2017 タイ王国の旗 コーンケンFC
2017 タイ王国の旗 サイアム・ネイビーFC 17 (1)
2018 バングラデシュの旗 アバハニ・リミテッド
2018 タイ王国の旗 ウボン・UMI・ユナイテッド
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小島 聖矢(こじま せいや、1989年6月2日 - )は栃木県下都賀郡野木町出身[注 1]サッカー選手。タイ・リーグウボン・UMT・ユナイテッド所属。ポジションはミッドフィールダー。弟の小島秀仁ジェフユナイテッド市原・千葉所属のサッカー選手。

人物[編集]

大前元紀上條宏晃村瀬勇太田口泰士中里崇宏秋山心比嘉祐介須藤亮太といった年代での代表するタレントを揃え、全日本ユース、全国高校サッカー選手権の2冠を達成した流通経済大学付属柏高等学校のメンバーのひとり。全国高校サッカー選手権では控えに甘んじていたが、流通経済大学に進学し、卒業後タイでプロ契約を結んだ[3]

2012年シーラーチャーFCで1試合を除く全試合に出場し9得点9アシストという結果を残した。しかし2013年にはシーラーチャーFC内の財政状況に問題があったために、シーズン途中でサイアム・ネイビーFCに移籍せざるをえない状況になった[3]

2014年にはオファーを受けアユタヤFCに移籍[3]。またこの年のオフに結婚[3]、2015年には第1子が誕生した[4]

2016年コーンケンFCに移籍。[5]。2017年は6月9日に古巣のサイアム・ネイビーFCと契約した[6]

2018年タイ・リーグから日本人プレーヤーのいないバングラデシュ・プレミアリーグに舞台を移し、アバハニ・リミテッドAFCカップ戦のみの3月から5月までの3か月契約を結んだ。2月からバングラデシュに単身赴任の身となり、国際試合は自身初経験であった[7][8]。その後、5月末にタイ・リーグウボン・UMI・ユナイテッドが獲得を発表した[9][10]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2008 流通経済大学サッカー部 37 JFL 11 1 0 0 11 1
2009 27 13 0 0 0 13 0
2010 14 11 0 0 0 11 0
2011 26 KSL 1 0 0 0 1 0
通算 日本 JFL 35 1 - - 0 0 35 1
日本 KSL 1 0 - 0 0 1 0
タイ リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2017 (en サイアム・ネイビーFC 8 タイ・リーグ 17 1 2 0 19 1
バングラデシュ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2018 (en アバハニ・リミテッド 23 バングラデシュ・プレミアリーグ 0 0 0 0 3[11] 1 3 1
総通算 52 3 0 0 5 1 57 4

注釈[編集]

  1. ^ バンコク在住の日本人小学生向けのサッカーイベント「Professional 〜君は10年後、サッカー選手になりたいか〜」[1]公式Facebook内の参加選手紹介[2]による。

出典[編集]

  1. ^ タイサッカーリーグの日本人選手らがサッカーイベントを開催 ”. タイプレミアリーグに行こう!  (2016年10月3日). 2017年4月7日閲覧。
  2. ^ ★☆参加選手紹介★☆ 小島聖矢選手”. Facebook (2016年9月30日). 2017年4月7日閲覧。
  3. ^ a b c d 小島 聖矢 / Ayutthaya F.C. (タイ Division-1)”. ASEAN FOOTBALL Link (2015年5月24日). 2017年4月7日閲覧。
  4. ^ 想像を遥かに超えるもの 小島聖矢(SEIYA KOJIMA)のBLOG”. 株式会社サイバーエージェント (2015年5月25日). 2017年4月7日閲覧。
  5. ^ お待たせしました! 小島聖矢(SEIYA KOJIMA)のBLOG”. 株式会社サイバーエージェント (2016年2月26日). 2017年4月7日閲覧。
  6. ^ ボク、運命の人ですか? 小島聖矢(SEIYA KOJIMA)のBLOG”. 株式会社サイバーエージェント (2017年6月11日). 2017年6月17日閲覧。
  7. ^ 新たな挑戦 小島聖矢(SEIYA KOJIMA)のBLOG”. 株式会社サイバーエージェント (2018年2月11日). 2018年6月2日閲覧。
  8. ^ なぜバングラデシュなのか? 小島聖矢(SEIYA KOJIMA)のBLOG”. 株式会社サイバーエージェント (2018年4月19日). 2018年6月2日閲覧。
  9. ^ เก่าไปใหม่มา! อุบลคอนเฟิร์มได้ 12 แข้งแทน 16 นักเตะเก่า” [新旧交代!放出した16人に代わる待望の12人] (タイ語). フォーフォーツー・タイ (2018年5月31日). 2018年6月2日閲覧。
  10. ^ ウボン・UMT・ユナイテッド”. Samurai x TPL タイサッカーリーグに行こう!. 2018年6月2日閲覧。
  11. ^ AFCカップ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]