小島慶四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小島 慶四郎こじま けいしろう1932年12月19日- )は、日本喜劇俳優松竹新喜劇の主要メンバーとして活躍している。大阪府堺市浜寺生まれ。

来歴・人物[編集]

父親は銀行員。そのため少年時代は各地を転々とした。北海道北見柏陽高等学校から関西大学文学部新聞学科に進学するが演劇にのめり込み、在学中の1953年、かもめ座に入団。その2年後劇団新春座に移り、大学を中退する。1960年2代目渋谷天外に誘われて松竹新喜劇に入団し、その独特の容貌と、看板役者の藤山寛美とは違う“アホ”ぶりで人気を博す。一方で、市井や底辺に生きる人間の哀しみや切なさを演じきる。1966年の藤山の退団・復帰の際には行動をともにし、以降の新喜劇黄金時代に貢献。1991年の新生松竹新喜劇からは幹部として3代目渋谷天外を支える。

「鼻の六兵衛」(藤山直美演じる場合「はなのお六」)での有馬玄蕃頭は2004年7月に通算1000回を超えたほどの当たり役で、その白塗りの殿様姿が満場の爆笑を誘う。

主な出演作品[編集]

舞台[編集]

  • 鼻の六兵衛・はなのお六=有馬玄蕃頭
  • 大阪ぎらい物語=忠平(叔父)
  • 愚兄愚弟=佐々木惣二郎(弟)、金魚屋高橋
  • お祭り提灯=山路屋幸兵衛
  • 人生双六
  • 裏町の友情
  • スーパー喜劇 狸御殿=文福茶釜
  • 西太后
  • &直美 気になるふたり

など

映画[編集]

など

テレビドラマ[編集]

など

その他の番組[編集]

関連項目[編集]