小原啄葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小原 啄葉(おばら たくよう、1921年5月21日 - )は、岩手県出身の俳人。本名・重雄。紫波郡矢巾町に生まれる。自治大学校修了。1951年、「夏草」に入会し山口青邨に師事。1978年、「樹氷」を創刊・主宰。1990年、有馬朗人の「天為」創刊に参加。2009年「樹氷」主宰を白濱一羊に譲り同名誉主宰に就任。また「天為」同人会長も務める。

1997年『滾滾』により第36回俳人協会賞、2004年『永日』により第4回俳句四季大賞、2007年『平心』により第22回詩歌文学館賞を受賞。「脱ぎ捨てしものの中より子猫かな」「海鼠切りもとの形に寄せてある」など、風土性を持ちつつユーモアのある句風。東日本大震災以降の句集『黒い浪』『無辜の民』には震災詠を多く収める。俳人協会顧問、国際俳句交流協会会員、日本文藝家協会会員。

著書[編集]

序数句集

  • 『北の貌』 竹頭社、1972年
  • 『滾滾』 角川書店、1996年
  • 『遥遥』 角川書店、2000年
  • 『永日』 角川書店、2003年
  • 『平心』 角川書店、2006年
  • 『而今』 角川学芸出版、2008年
  • 『不動』 角川書店、2011年
  • 『黒い浪』 角川書店、2012年
  • 『無辜の民』 角川学芸出版、2014年

選句集・全句集

  • 『自註現代俳句シリーズ 小原啄葉集』 俳人協会、1983年
  • 『小原啄葉季題別全句集』 角川学芸出版、2011年

随筆・評論

  • 『風土の詩』 角川書店、1999

参考文献[編集]

  • 『現代俳句大事典』 三省堂、2005年
  • 小原啄葉 『而今』 角川学芸出版、2008年

外部リンク[編集]