宮松関三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮松 関三郎(みやまつ せきさぶろう、1886年1月14日 - 1947年9月26日)は、将棋棋士。贈八段。井上義雄門下。愛知県出身。

人物[編集]

宮大工の家に生まれる。幼い時から手先が器用であり才知にすぐれているとみなされ、宮大工の修行のために東京に出てきた。将棋が強かったため、井上義雄門下に弟子入りしプロ棋士となる。1928年七段。

1946年第1期順位戦B級に参加し1勝12敗1持将棋で降級。その直後、1947年9月26日に心臓マヒで急逝。1964年11月3日、将棋功労者表彰式で八段を追贈。

弟子に橋爪敏太郎京須行男森内俊之の祖父)、佐藤豊が居る。また、長男の宮松影水(本名・幹太郎)(1928年1972年)は、将棋の駒師として活躍した。コマ作りの手ほどきは、父から教わったものと伝えられる。

主な著書[編集]

  • 実戦必勝図解将棋全集(1) 六枚落五枚落四枚落三枚落の巻(1928年、文友堂書店)
  • 実戦必勝図解将棋全集(3) 飛香落の巻(1928年、文友堂書店)
  • 実戦必勝図解将棋全集(4) 角落定跡集(1928年、文友堂書店)
  • 将棋大衆講座(7) 必勝あの手この手(1949年、泰文館)

関連項目[編集]