宮城県民歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮城県民歌

県民歌の対象
Flag of Miyagi Prefecture.svg 宮城県

作詞 高松茂夫
作曲 東京音楽学校
採用時期 1938年
採用終了 1946年(現在は県民愛唱歌として存続)
言語 日本語
テンプレートを表示

宮城県民歌」(みやぎけんみんか)は、1938年昭和13年)に日本新聞社河北新報社が実施した公募により選定された宮城県の初代県民歌である。

作詞・高松茂夫、作曲・東京音楽学校

解説[編集]

河北新報が昭和13年9月15日発行分で紙齢1万5000号となることを記念して河北新報社が宮城県教育会と合同で公募を実施し、土井晩翠を委員長とする選定委員会が応募された1527編の歌詞を審査した。その結果、小学校教員を休職中の高松茂夫が応募した歌詞が入選作となり、11月29日付の河北新報紙面で発表された[1]。作曲は主催者が東京音楽学校に依頼したもので、制定の目的は「東北の中心的、指導的使命を全うするための士気を鼓舞し、愛郷精神の滋養を図る事」とされている。

太平洋戦争終結の翌1946年(昭和21年)には、いわゆる「復興県民歌」として宮城県と河北新報社が合同で歌詞を公募した「輝く郷土」が2代目県民歌として新たに制定されたため7年余りと短命であったが、県の公式サイトでは初代「宮城県民歌」も「輝く郷土」と合わせて紹介されている。ただし、宮城県では現在「輝く郷土」1曲のみを正式な県民歌と規定しており[2]秋田県の2代目「県民の歌」に対する初代「秋田県民歌」のような対等に並立する形とはなっていない。

1952年(昭和27年)発行の社史『河北新報社小史』および1967年(昭和42年)発行の社史『河北新報社の七十年』では、いずれも初代「宮城県民歌」と誤って「輝く郷土」の歌詞を掲載していた[3]

作詞者[編集]

作詞者の高松 茂夫(たかまつ しげお、1913年 - 1940年)は桃生郡鹿又村河南町を経て現在は石巻市の一部)出身で、1932年(昭和7年)に宮城県師範学校を卒業して小学校教員となったが「宮城県民歌」を応募した際は病気療養のため帰郷中であった[4]。審査委員の阿刀田令造は「支倉常長以来封建制下の種々等の制限を乗り越えて発展した雄大な理想を受け継いでいるので県民歌もそういうものを表すものでなければならない」と前置きし、高松の応募作が最もこの理想に適っていたとの選評を残している。

しかし、療養の甲斐なく入選から2年後の1940年(昭和15年)に死去した[5]。享年28。

2001年平成13年)、石巻市に住むピアニストの橋本宗子が第56回新世紀・みやぎ国体開会式で演奏される「輝く郷土」の歌唱指導に当たっていた際に旧「宮城県民歌」の存在と作詞者が母方の親戚であることを知り、復活演奏を提唱した。県では当初「県民の中で機運が盛り上がることが大事」としていたが、旧「宮城県民歌」を知る高齢者や県庁OBらを中心に賛同者を募った結果、現在では「輝く郷土」と合わせて県のサイトで紹介されるようになり実質的に「県民愛唱歌」のような形で復活している[5]

なお、2代目「輝く郷土」の作詞者である遠山徳男は高松の出身地である鹿又と同じ桃生郡に属する桃生村桃生町を経て現在は鹿又と同様に石巻市の一部)の出身であった[6]

歌詞[編集]

初代「宮城県民歌」は詞・曲とも著作権の保護期間を満了し、パブリックドメインとなっている。

一、
東北とうほくの 真先まさきをかけて たんかな 我等われら
白銀はくぎんの 蔵王ざおうびて 茜雲あかねぐも 希望きぼうゆる
ああふるへ いもわかきも
ああふるへ 宮城県民みやぎけんみん

二、

敢然かんぜんと 大地だいちりて たんかな 我等われら
藩祖公はんそこう 不滅ふめついさお 鵬翼ほうよくは 万里ばんりくる
ああふるへ ちからかぎ
ああふるへ 宮城県民みやぎけんみん

三、

奮然ふんぜんと 拳固こぶしかためて たんかな 我等われら
松島まつしまは 朝日あさひえて きよらにも かがやみどり
ああふるへ たかのぞみに
ああふるへ 宮城県民みやぎけんみん

四、

百万ひゃくまんの 心一こころひとつに たんかな 我等われら
伝統でんとうの さんたる文化ぶんか 青葉城あおばじょう 歴史れきしかお
ああふるへ あつ血汐ちしお
ああふるへ 宮城県民みやぎけんみん

参考文献、注釈[編集]

[ヘルプ]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮城の郷土史、103ページ。
  2. ^ 中山(2012)、31ページ「表1 都道府県の歌の制定年」。
  3. ^ 宮城の郷土史、106ページ。
  4. ^ 宮城の郷土史、103ページ。
  5. ^ a b 石巻かほく2002年6月16日付1面「戦前の県民歌 復活へ願い」
  6. ^ 「宮城県民歌ってご存じですか?」東北放送『若生哲旺 Goodモーニング』)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]