室井鐵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

室井 鐵衛(むろい てつえ、1919年9月6日 - 2011年4月5日)は、日本の商学者。元宣伝会議会長、東京国際大学教授米田清紀と並び、エリア・マーケティング研究の第一人者であった。商学博士栃木県出身。

来歴[編集]

専門[編集]

室井によるエリア・マーケティングの定義[編集]

  • 「エリア・マーケティングは、消費者の生活行動空間の基盤としての地域を、市場理解の前提として、消費者のライフ・システムと、その生活ニーズに対応して、企業の対市場活動の効果を創造し、維持し、変化させるマーケティングといえる。個々の製品をいかに市場で消化、還元するかではなく、消費者の生活行動全体の中に、生活ニーズに対応する需要創造への機会を作り出すものである。」[1]

著書[編集]

  • 『マーケティングにおける消費者』ダヴィッド社1959年
  • 『日本の商圏―新しいマーケティングマップ』ダイヤモンド社1971年
  • 『市場再開発の技術―ニュー・マーケティングの知識と実務―』ダイヤモンド社、1974年。(米田清紀と共著。)
  • 『新・日本の商圏―地域の生活風土と日本のマーケティング―』ダイヤモンドセールス編集企画、ダイヤモンド社[発売]、1976年
  • 『日経文庫;283 商圏の知識』日本経済新聞社1979年
  • 『管理ポイントシリーズ 広告の管理ポイント』税務経理協会1980年9月。
  • 『商業体制の理論―現代商業の位置づけとマーケティングの展開―』税務経理協会、1982年10月。
  • 『エリア・マーケティング』中央経済社1983年4月。
  • 『行動空間へのマーケティング―エリア戦略の論理―』誠文堂新光社1985年9月。
  • 『商業体制の理論―現代商業の位置づけとマーケティングの展開』〔改訂版〕税務経理協会、1990年6月。
  • 『生活起点発想とマーケティング革新』国元書房1991年3月。(井関利明と共著。)
  • 『商業体制の理論―現代商業の位置づけとマーケティングの展開―』〔3訂版〕税務経理協会、1997年7月。
  • 『マーケティングの視座―課題と提言― Marketing inspection』芙蓉書房出版2007年8月。

脚注[編集]

  1. ^ 出典:室井鐵衛 (1985年) 『行動空間へのマーケティング』誠文堂新光社、pp.158-159。

関連項目[編集]