宣川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宣川駅
Sonchon railway station in North Korea.jpg
プラットホーム
선천
ソンチョン
Sonchon
路下 (9.3 km)
(10.1 km) 清江
所在地 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮平安北道宣川郡宣川邑
北緯39度47分57秒 東経124度55分5秒 / 北緯39.79917度 東経124.91806度 / 39.79917; 124.91806座標: 北緯39度47分57秒 東経124度55分5秒 / 北緯39.79917度 東経124.91806度 / 39.79917; 124.91806
所属事業者 朝鮮民主主義人民共和国鉄道省
所属路線 平義線
キロ程 156.9 km(平壌起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1908年4月1日
テンプレートを表示
宣川駅
各種表記
チョソングル 선천역
漢字 宣川驛
発音 ソンチョンニョク
日本語読み: せんせんえき
英語: Sonchon Station
テンプレートを表示

宣川駅(ソンチョンえき)は朝鮮民主主義人民共和国平安北道宣川郡宣川邑に位置する朝鮮民主主義人民共和国鉄道省平義線の駅である。平壌北京モスクワ間の国際列車の停車駅でもある。

歴史[編集]

1908年4月1日京義線全通時に宣川駅(せんせんえき)として開業した。1911年(明治44年)11月1日鴨緑江橋梁が完成した後は満洲に向かう国際列車の停車駅となった。

1910年(明治43年)12月27日には、朝鮮独立運動家安明根[1]が宣川駅で寺内正毅総督の暗殺未遂事件を起こした。(105人事件

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 安重根従弟にあたる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]