安致弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アン・チホン
各種表記
ハングル 안치홍
漢字 安致弘
発音: アン・チホン
ローマ字 An Chi-Hong
テンプレートを表示
安 致弘(アン・チホン)
警察野球団 #13
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 ソウル特別市
生年月日 1990年7月2日(25歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 2008年 2次ドラフト1位
初出場 2009年4月4日
年俸 1億5000万ウォン(2014年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)


安 致弘(アン・チホン、안치홍, 1990年7月2日 - )は、韓国プロ野球の選手である。

来歴・人物[編集]

2008年第23回AAA世界野球選手権大会国家代表に選出された。2009年韓国プロ野球新人ドラフトで2次指名全体1位で起亜タイガースに指名された。2009年シーズンは開幕1軍に残り、高卒ルーキーらしからぬ打撃を買われ二塁のレギュラーに定着した。2009年オールスター戦ではウェスタンリーグのファン投票二塁手部門で、高卒ルーキーとしては初めて選出され話題を呼んだ。起亜の本拠地光州無等野球場で開催されたオールスター戦(7月25日)でも、ウェスタンリーグが1-0とリードした5回裏追加点となる2ランを打ち、ルーキーとしては韓国プロ野球史上初、そして最年少(19歳)でのオールスター戦MVP(最優秀選手)を受賞した。

なお2009年韓国シリーズでもスタメン出場を続け、第7戦では1本塁打2打点と活躍し、チームの12年ぶりの優勝に貢献した。

2010年はプロ2年目ながら自身初の公式戦全133試合出場を果たし、韓国球界屈指の若手内野手として順調な成長を見せた。2011年は前年より試合出場数は減ったが、2年連続で規定打席に達し、打率3割以上を記録したこともあり、自身初のゴールデングラブ賞受賞(2塁手部門)となった。2014年末、同年の仁川アジア大会韓国代表に選ばれなかったこともあり、軍へ入隊し2015年から2年間警察野球団に属することになった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]







































O
P
S
2009
123 371 87 13 4 14 53 38 8 5 34 103 10 11 .235 .299 .404 .703
2010 133 461 134 21 3 8 79 50 18 5 56 96 12 9 .291 .368 .401 .769
2011 115 378 119 21 4 5 46 54 9 4 36 55 13 9 .315 .374 .431 .805
2012 132 489 141 31 2 3 60 64 20 3 48 74 12 11 .288 .352 .378 .730
2013 118 414 103 15 0 3 56 39 16 1 58 74 13 8 .249 .307 .341 .648
2014 126 434 147 31 2 18 65 88 19 6 39 65 11 9 .339 .390 .544 .934
通 算 747 2547 731 132 15 51 367 325 90 24 271 467 71 57 .287 .352 .411 .763
  • 太字はリーグ最高

表彰[編集]

外部リンク[編集]