安威砦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
安威砦
大阪府
安威砦の石碑
安威砦の石碑
別名 安威砦
城郭構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 安威弥四郎
築城年 永正年間(1504年1521年
主な改修者 不明
主な城主 安威弥四郎
廃城年 天正14年(1586年
遺構 曲輪、竪掘、井戸跡等
指定文化財 なし
再建造物 なし
位置 北緯34度51分22.204秒
東経135度33分54.915秒

安威砦(あいとりで)は、大阪府茨木市にあった安威城が居館であったのに対して、安威砦は詰の砦ではなかったかと思われている。

概要[編集]

安威配水地

通称、天神山の山頂に築かれた砦で、標高89m、比高40m、東西50m、南北100mに、3つの曲輪から成り立っている。安威砦に関する古文献は少なく、歴史については不明な点が多いが、桂川原の戦いの前に、波多野稙通が接近するに伴って、安威弥四郎が急ごしらえで築砦したのではないかとも言われている。

安威城から北へ、直線距離で約1.6kmの場所に位置し、近くには安威配水地がある。

廃砦に関しても不明だが、安威城と同時期に使用されなくなったと思われている。

城郭[編集]

現在安威城の跡地には、宅地、小学校等が建っており、城をしのばせる遺構は数少ないが、安威砦には数多く良好な遺構が現存している。

縄張りは、南側から北側へ3つの曲輪があり、南側より、1曲輪、2曲輪、3曲輪と呼ばれている。

  • 1曲輪
円形で削平地の直径は14mになり、1曲輪から西側に竪掘、南側には短い二重竪掘跡が確認できる。また、1曲輪と2曲輪、3曲輪の東側には腰曲輪を配していた。
  • 2曲輪(主郭)
四方形の削平地で20mになり、3方に土塁を構えており、ここには井戸があった。また、1曲輪と2曲輪の間には空堀が築かれている。この曲輪跡が、3つの曲輪の中では最大の面積、中心部となるので、主郭ではないかと思われている。
  • 3曲輪
2曲輪と3曲輪の間にも空堀があるが、1曲輪と2曲輪の空堀に比べると浅い。3曲輪はほぼ正四方形で、削平地も20mになり、西、南の二方に土塁跡、またこちらにも井戸があった。3曲輪の北側には小曲輪、北西側に竪掘跡が確認できる。

城跡へのアクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 『わがまち茨木(城郭編)』 茨木市教育委員会、1987年3月。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]