守れ国体、葬れ邪教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

守れ国体、葬れ邪教」(まもれこくたい、ほうむれじゃきょう)は、現・大垣市立興文小学校の興文会が1933年に作成した、キリスト教宣教団体美濃ミッション排撃の歌。メロディーは軍歌の「戦友」(此處は御國を何百里)。

全10番から成り、官民一体となった同ミッション排斥運動で用いられた。

歌詞[編集]

富士霊峰(れいほう)いや高く 激浪吼ゆる太平洋
君が御稜威をたたえつつ 断じて護る我が力

世界に類なき国体を 護るは我等国民の
錬え錬えし愛国の 歴史栄えある三千年

桜花(さくらばな)さく日の本の 国に生まれし我らこそ
敬神崇祖(けいしんすうそ)の誠意あり 世界を導く大義あり

皇統連綿ゆるぎなく 祖国日本は道の国
皇太神宮尊崇の 精神(こころ)は大和魂

起こって国体擁護せよ は我等の祖先なり
神を敬う心こそ 我が国体の精華なり

我が国体の尊厳を 害なう彼らミッション
排撃目ざす 我らこそ 使命に生きる国民ぞ

血潮漲る憂国の 麋城(びじょう)[1]の健児の力もて
倒せミッション倭異奴輩(ワイドハイ) 正々堂々最後まで

日本魂汚さじと 烽火は天を焦がすなり
吾等の声に力あり 正義の力に敵ぞなし

いざ起て勇士時は今 我市四萬の健児らよ
邪教の牙城を葬りて 正義の御旗輝かせ

金鉄溶かす熱血は 我全身ににぢみけり
仰げ国体我市民 護れ皇国我市民

背景[編集]

セディ・リー・ワイドナー宣教師は、岐阜県大垣市美濃ミッションを創立し、キリスト教主義幼稚園を開始した。美濃ミッションは、聖書信仰再臨を信じ、偶像を拝まないキリスト教信仰を持っていた。この信仰により美濃ミッションの児童たちは、1929年、大垣市中小学校(現大垣市立興文小学校)で行われた県社常葉神社の参拝と、1933年伊勢神宮参拝を拒んだ。そのため「国体の尊厳」をおびやかす「邪教」とされ、官民一体となった美濃ミッション排撃運動が起こった。大野伴睦は「市民は合法的に、実力で美濃ミッションを閉鎖せよ」と述べた。煽動された地元民は市中でこの歌を盛んに歌い、美濃ミッションの本部前にも集まって歌った。この事件は大垣に留まらず、新聞報道により全国に知れ渡った。美濃ミッション排撃運動により、美濃ミッションの児童たちは義務教育から締め出され、美濃ミッションの幼稚園は閉鎖に追い込まれた。

脚注[編集]

  1. ^ 大垣城の別名

参考文献[編集]

  • 美濃大正新聞」1933年8月8日号(初出、興文会名義で発表)
  • 『神社参拝問題の真相』一粒社 1933年12月8日発行(収録)
  • 『神社参拝拒否事件記録』(復刻版)美濃ミッション