戦友 (軍歌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

戦友」(せんゆう)は、1905年(明治38年)に日本で作られた軍歌である。真下飛泉作詞、三善和気作曲。

概要・エピソード[編集]

全14番の詞から成り立っており、舞台は日露戦争時の戦闘である。関西の児童たちの家庭から女学生の間で流行。やがて演歌師によって全国に普及した。歌詞中の「軍律厳しき中なれど」が実際に軍法違反で、「硝煙渦巻く中なれど」と改められたことがある。

昭和の初期、京都市東山区良正院の寺門の前に、『肉弾』の作者桜井忠温大佐が「ここは御国を何百里・・・」との一節を記した石碑が建てられた。日華事変が起きた際に、哀愁に満ちた歌詞、郷愁をさそうメロディーなどから「この軍歌は厭戦的である」として人々が歌うことが禁じられ、陸軍も将兵がこの歌を歌う事を禁止した。また軍部に便乗した人々から「この石碑を取り払うべし」との意見が出て物議を醸した。これは沙汰止みとなり、石碑自体は健在である[1]

太平洋戦争中「戦友」は禁歌だったが、下士官・古参兵は「今回で戦友を歌うのをやめる、最後の別れに唱和を行う。」と度々行い、士官・上官によって黙認された場合もあり、兵隊ソングとして認知されていた。

戦後連合国軍最高司令官総司令部は一切の軍歌を禁止していたが、一兵卒の悲劇を歌うこの歌は国民から愛され続けた。

歌詞[編集]

戰友

1)此處(ここ)は御國(おくに)を何百里(なんびゃくり) /離れて遠き滿洲(まんしゅう)の /赤い夕陽(ゆうひ)に照らされて /友(とも)は野末(のずえ)の石(いし)の下(した)

koko`a okuniwo nambyakuri /hanarete to`oki manshiuno /akai yu`uhini terasarete/ tomo`a nozuweno ishino shita

2)思へば悲し昨日(きのう)まで/ 眞つ先(まっさき)驅(か)けて突進(とっしん)し /敵(てき)を散々(さんざん)懲らし(こらし)たる /勇士(ゆうし)は此處(ここ)に眠れるか

omo`eba kanashi kino`umade /massaki kakete tosshinshi /tekiwo sanzan korashitaru /yuushi`a kokoni nemureruka

3)嗚呼(ああ)戰(たたかい)の最中(さいちゅう)に /鄰(となり)に居(お)りし我(わ)が友(とも)の/ 俄に(にわかに)はたと倒れしを/ 我は思はず驅(か)け寄って

aa tataka`ino saichuuni /tonarini worishi wagatomono /ni`akani hatato ta`ureshiwo /ware`a omo`azu kakeyotte

4)軍律(ぐんりつ)嚴し(きびし)き中なれど/ 是(これ)が見捨て(みすてて)ゝ置かれうか /「確りせよ」と抱き起し /假繃帶も彈丸(たま)の中

gunritsu kibishiki nakanaredo /korega misutete okareuka /shikkariseyoto dakiokoshi /karihautaimo tamanonaka

5)折(おり)から起る吶喊(とっかん)に /友は漸う(ようよう)顏(かお)上げて /「御國(おく)の爲(ため)だ構はずに/ 後れて(おくれて)吳(く)れな」と目に淚

worikara okoru tokkanni /tomo`a yauyau ka`o agete /okunino tameda kama`azuni /okurete kurenato meni namida

6) 後(あと)に心(こころ)は殘れ(のこれ)ども/ 殘し(のこし)ちやならぬ此(こ)の體(からだ) /「それぢや行くよ」と別れ(わかれ)たが /永(なが)の別れとなつたのか

atoni kokoro`a nokoredomo /nokoshicha naranu konokarada /soreja yukuyoto wakaretaga /nagano wakareto nattanoka

7) 戰(たたかい)濟(す)んで日が暮れて /探しに戾る心(こころ)では /どうか生きて居て吳れよ/ 物等(ものなど)言へと願ふ(ねごう)たに

tataka`i sunde higa kurete/ sagashini modoru kokorode`a /douka ikite witekureyo/ mononado i`eto nega`utani

8)空(むな)しく冷えて魂(たましい)は /故鄕(おくに)へ歸つた(かえった)ポケットに/ 時計(とけい)許り(ばかり)がコチコチと/ 動いて居(い)るも情無や(なさけなや)

munashiku hiete tamashi`i`a /kuni`e ka`etta pokettoni /tokeibakariga kochikochito/ ugoite wirumo nasakenaya

9)思へば去年(きょねん)船出(ふなで)して /御國(おくに)が見えず爲つた(なった)時(とき) /玄界灘(げんかいなだ)で手を握り /名(な)を名乘つた(なのった)が始め(はじめ)にて

omo`eba kyonen funadeshite/ okuniga miezu nattatoki /genkainadade tewonigiri /nawo nanottaga hazhimenite

10)それより後(のち)は一本(いっぽん)の/ 煙草(たばこ)も二人(ふたり)で分けて喫み(のみ) /着いた手紙も見せ合ふて(おうて) /身の上話(みのうえばなし)繰り返し

soreyorinochi`a ipponno /tabakomo futaride waketenomi/ tsuita tegamimo misea`ute /minouebanashi kurika`eshi

11)肩を抱いては口癖(くちぐせ)に /どうせ命(いのち)はないものよ /死んだら骨(ほね)を賴むぞと /言い交はし(かわし)たる二人仲(ふたりなか)

katawo daite`a kuchiguseni /douse inochi`a naimonoyo /shindara kotsuwo tanomuzoto /i`ika`ashitaru futarinaka

12)思ひもよらず我(われ)一人 /不思議に命(いのち)永(なが)らへて /赤い夕陽の滿洲(まんしゅう)に /友(とも)の塚穴(つかあな)掘らう(ほろう)とは

omo`imo yorazu ware hitori/ fushigini inochi nagara`ete /akai yu`uhino manshiuni /tomono tsukaana horauto`a

13)隈無く(くまなく)晴れた月(つき)今宵(こよい)/ 心(こころ)染み染み(しみじみ)筆(ふで)執って(とって) /友の最期(さいご)を細々(こまごま)と /親御(おやご)へ送る此(こ)の手紙(てがみ)

kumanaku hareta tsuki koyo`i /kokoro shimizhimi fude totte /tomono saigowo komagomato /oyago`e okuru konotegami

14)筆の運びは拙い(つたない)が/ 行燈(あんど)の陰で親達の /讀まるゝ(よまるる)心(こころ)思ひ遣り(おもいやり) /思はず落とす一雫(ひとしずく)

fudeno hakobi`a tsutanaiga/ andono kagede oyatachino/ yomarurukokoro omo`iyari /omo`azu otosu hitoshidzuku

(上記 / は改行を表す)

学校及家庭言文一致叙事唱歌第三編 明治38年

(改正著作権法においてもその保護から離れているので掲載)

御国=おくに、日本本土。 野末の石=粗末な墓石 時計=機械式の懐中時計 行燈=あんどん。中世から存在する、蝋燭を光源に使う照明器具

口語訳[編集]

ここは故郷を遠く数百里離れた満州。ここに戦友は眠っている。少し前まで最前線で戦っていたものがここに眠っている。

そう、戦いのさなか、私の隣で友は撃たれ倒れた。私はすぐに抱き起こし、「しっかりしろ!」と声をかけた。軍法では許されないのかもしれないが、とても放っては置けず弾丸飛び交う中で手当をしてやった。しかし折しも“突撃”の声。友は「お国のためだ、行け。俺に構うな」という。やむを得ず放置したのだが、それが今生の別れとなってしまった。戦いが終わった夕方に、せめて生きていてくれと探しに戻ったのだが、友は既に冷たくなり、魂は国へと帰っていた。友は死んでもそのポケットの中の時計はコチコチと動いており、その音が虚しい。

思えば日本を離れ、玄界灘(をはしる輸送船の中)で互いに名乗り合った日から、煙草も分け合い、手紙も見せ合い、互いのことはいろいろ知り合い、いずれ死んだときは骨を拾ってくれと言い合った仲でもある。だが、不思議に自分だけが死なず、友の墓穴を掘ることになるとは。

この月夜、行灯の明かりを頼りに、君の最期について親族に細々と説明の手紙を書くにつけ、この書状を読むであろうご遺族の思いを想像してつらい気持ちである。

軍歌「戦友」を描いた作品[編集]

  • 井伏鱒二「軍歌『戦友』」1976年7月「新潮」、所収『井伏鱒二全集』第26巻103~111頁、1998年、筑摩書房。
    • 参考文献:野寄勉「「それを言う代り」の文字―井伏鱒二『軍歌「戦友」』」1996年12月「芸術至上主義文芸」芸術至上主義文芸研究会 ISSN 0287-6213
  • 戦友』製作:NET東映テレビプロ(テレビドラマ、1963年)

脚注[編集]

  1. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社刊)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]