宇津野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宇津野駅
うつの
Utsuno
押角 (4.5km)
所在地 岩手県下閉伊郡岩泉町大川
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 小本線
キロ程 20.3km(茂市起点)
電報略号 ウノ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1947年(昭和22年)11月25日[1]
廃止年月日 1957年(昭和32年)5月16日*[1]
*浅内駅までの延伸開業に伴い廃駅[1]
テンプレートを表示

宇津野駅(うつのえき)は、かつて岩手県下閉伊郡岩泉町に存在した日本国有鉄道(国鉄)小本線(のちの東日本旅客鉄道(JR東日本)岩泉線)の廃駅)である。小本線の当駅 - 浅内駅間延伸により、1957年(昭和32年)5月16日に廃止された[1]

概要[編集]

小本線時代に存在した駅で、浅内駅へ延伸されるまで、当路線の終着駅として暫定的に設けられた駅であった。当駅は押角トンネル岩手大川方坑口付近にあった。岩泉線の営業当時は、広い平らな跡地が、岩泉行き列車に乗り押角トンネルを抜けてすぐ左側に見えた。国道340号からは木製の橋で繋がっている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線の地上駅であった。1990年代後半まで木造駅舎が存在しており、保線待合室として利用されていた。

駅周辺[編集]

宇津野の集落は国道と川を挟んだ反対側にある。また、駅入口には廃屋がある。

備考[編集]

2010年(平成22年)7月31日に発生した岩泉線の土砂崩れ事故では、事故処理のため被災車両を当駅の跡地に輸送している[5]。この事故で岩泉線は不通となったが、車で国道340号を走行し、難所の押角峠を越えるのは非常に時間がかかり、危険も多い。一方で、岩泉線の復旧にはかなり時間がかかることが見込まれるため、当駅を復活させ、茂市 - 宇津野間だけでも運行をとの意見があったが、JR東日本によるとこの区間にも調査が必要な箇所があるため、実現は難しいとされた[6]。そして実現することなく、2014年4月1日に当線は全線が廃線となった。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
小本線
押角駅 - 宇津野駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』21号 釜石線・山田線・岩泉線・北上線・八戸線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年12月6日、21頁。
  2. ^ 「運輸省告示第299号」『官報』1947年11月20日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 今尾恵介『日本鉄道旅行地図帳 2号 東北』新潮社、2008年、p.37
  4. ^ 三宅俊彦『廃線終着駅を訪ねる〜国鉄・JR編』(JTBパブリッシング、2010年)によると、盛岡鉄道管理局発行のダイヤで、1958年10月改正から1968年10月改正まで、旅客・貨物列車の一部が当駅に停車していたようだ、とされる。
  5. ^ 土砂崩れで列車脱線=乗客ら3人が軽傷―岩手・JR岩泉線 - asahi.com、2010年7月31日
  6. ^ JR岩泉線に係る状況報告会を開催 - JR岩泉線復旧応援サイト、2010年12月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]