女必殺拳 危機一発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
女必殺拳 危機一発
監督 山口和彦
脚本 鈴木則文掛札昌裕
出演者 志穂美悦子
音楽 菊池俊輔
撮影 中島芳男
編集 鈴木宏始
製作会社 東映
公開 日本の旗 1974年12月7日
上映時間 83分
製作国 日本の旗 日本
前作 女必殺拳
次作 帰って来た女必殺拳
テンプレートを表示

女必殺拳 危機一発』(おんなひっさつけん ききいっぱつ)は、1974年12月7日に公開された日本の映画。監督は山口和彦、主演は志穂美悦子。女必殺拳シリーズ第2作目。

概要[編集]

誘拐された香港の富豪の娘・王美麗の捜索を依頼された李紅竜が日本へ渡り、美麗や姉の白蘭らを喰い物にする宝石密輸組織を倒すために、組織に殺された香港の刑事・謝希大の弟の椿俊輔と共に立ち向かう。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 山口和彦
  • 脚本 - 鈴木則文、掛札昌裕
  • 企画 - 吉峰甲子夫、高村賢治
  • 音楽 - 菊池俊輔
  • 撮影 - 中島芳男
  • 照明 - 銀屋謙蔵
  • 録音 - 小松忠之
  • 美術 - 中村修一郎
  • 編集 - 鈴木宏始
  • 記録 - 山内康代
  • 助監督 - 岡本明久
  • 技斗 - 日尾孝司
  • スチール - 加藤光男
  • 装飾 - 田島俊英
  • 装置 - 小早川一
  • 美粧 - 入江荘二
  • 美容 - 宮島孝子
  • 衣裳 - 河合啓一
  • 演技事務 - 山田光男
  • 進行主任 - 東一盛
  • 現像 - 東映化学

同時上映[編集]