奥田精一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

奥田 精一郎(おくだ せいいちろう 1920年 - )は、競泳コーチ。オリンピック選手を多く輩出しているイトマンスイミングスクール名誉会長

大阪府生まれ。旧制茨木中学(現大阪府立茨木高等学校)卒業。中学5年時には水球日本代表にも選出された。早稲田第二高等学院を経て、早稲田大学に入学、水泳部である「稲泳会」に入部。1942年9月末の繰上卒業で従軍愛知県豊橋市陸軍南方軍第2航空師団入隊。その後第7飛行師団司令部付きとなり、フィリピンビルマを転戦。鹿児島県知覧町(現南九州市)の知覧基地で終戦を迎え、戦後は家業の造り酒屋で働く。後に競泳コーチに転身。山田スイミングクラブを経て、イトマンスイミングスクール会長となった。

1994年大阪スポーツ大賞、1997年文部大臣スポーツ功労者顕彰、2000年日本水泳連盟特別功労賞を受賞する。

主な指導選手[編集]

参考文献[編集]

  • 奥田精一郎 『叱るより、ささやけ』 新潮社、2004年、ISBN 4-10-470001-0
  • 日本経済新聞運動部編著 『リーダーの研究』 日本経済新聞社、2004年、ISBN 4-532-16458-3

外部リンク[編集]