奥田祥子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おくだ しょうこ
奥田 祥子
生誕 1966年
日本の旗 日本 京都府京都市
出身校 ニューヨーク大学大学院
慶應義塾大学大学院
職業 ジャーナリスト、大学教授

奥田 祥子(おくだ しょうこ、1966年 - )は、日本ジャーナリスト近畿大学教授。

略歴[編集]

京都府京都市出身[1]ニューヨーク大学文理大学院修士課程修了、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了、同博士課程単位取得退学。

ニューヨーク大学大学院修了後、1994年京都新聞社入社。1998年読売新聞社に転職。宇都宮支局などを経て、2002年から『読売ウイークリー』編集部に在籍。男性の晩婚・非婚化や中高年男性の心と体、働き方などをテーマに取材を続ける。その後は読売新聞社を退社し、フリーで活動を続ける。

2017年4月より近畿大学教授を務める。

著書[編集]

  • 『ボーダーレス時代の外国語教育』(未来社、1998年)
  • 『男はつらいらしい』(新潮社、2007年)
  • 『男性漂流 男たちは何におびえているか』(講談社、2015年)
  • 『男という名の絶望 病としての夫・父・息子』(幻冬舎、2016年)
  • 『「女性活躍」に翻弄される人びと』(光文社新書、2018年)
  • 『夫婦幻想 子あり、子なし、子の成長後』(ちくま新書、2019年)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『男性漂流 男たちは何におびえているか』(講談社、2015年)

外部リンク[編集]