奥田暁子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

奥田 暁子(おくだ あきこ、1938年(昭和13年) - )は、日本の女性史研究家、翻訳家

国際基督教大学教養学部卒業。大妻女子大学短期大学部非常勤講師恵泉女学園大学非常勤講師、聖心女子大学非常勤講師など。日本近代女性史、フェミニズムパレスティナ問題エコロジーなどの分野で著述、翻訳を行う。

編著書[編集]

  • 『女たちは書いてきた 「ひととき」に見る現代女性史』編著、径書房、1986
  • 『宗教のなかの女性史』岡野治子共編著、青弓社 1993
  • 『女と男の時空 日本女性史再考 5、鬩ぎ合う女と男 近代』編、藤原書店、1995
  • 『女性と宗教の近代史』編著、三一書房、1995
  • 『近代を読みかえる 第1巻、マイノリティとしての女性史』編著、三一書房、1997、
  • 『職業・思想・運動 マイノリティの挑戦』阿部健中島正道共編著、三一書房、1998
  • 『概説フェミニズム思想史 明日にむかって学ぶ歴史』秋山洋子支倉寿子共編著、ミネルヴァ書房、2003、シリーズ<女・あすに生きる>
  • 『希望の倫理 自律とつながりを求めて』岡野治子共編、知泉書館、2012

翻訳[編集]

  • ジョー・フリーマン『女性解放の政治学』鈴木みどり共訳、未来社、1978
  • キャロル・クライスト、ジュディス・プラスカウ編『女性解放とキリスト教』岩田澄江共訳、新教出版社、1982
  • ケビン・ハリス『性と宗教 フェミニズムから見た聖書』コンパニオン出版、1985
  • H.G.クロトウェル編『愛の勝利の輪 女たちの説教集』飯野かおり共訳、新教出版社 新教新書、1988
  • レオニー・カルディコット,ステファニー・ルランド『地球の再生 発言する女たち』鈴木みどり共訳、三一書房、1989
  • ヨーロッパの生協に関するラルフ・ネーダータスクフォース『未来へのビジョン ヨーロッパの生協から学ぶ』野村かつ子共訳、協同図書サービス、1989
  • ナワル・エル・サーダウィ『もうひとりの私』学芸書林、1990
  • イラン・ハレヴィ『ユダヤ人の歴史』三一書房、1990
  • ダヴィッド・マクドワル『パレスチナとイスラエル』三一書房、1992
  • キャサリン・A・マッキノン『フェミニズムと表現の自由』鈴木みどり共訳、明石書店、1993
  • ディリップ・ヒロ『イスラム原理主義』三一書房、1994
  • アイリーン・ダイアモンド、グロリア・フェマン・オレンスタイン編『世界を織りなおす エコフェミニズムの開花』近藤和子共訳、学芸書林、1994
  • ゲルダ・ラーナー『男性支配の起源と歴史』三一書房、1996
  • マリア・ミース『国際分業と女性 進行する主婦化』日本経済評論社、1997
  • メアリ・エヴァンス『現代フェミニスト思想入門』明石書店、1998
  • ソニア・アンダマール、テリー・ロヴェル、キャロル・ウォルコウィッツ『現代フェミニズム思想辞典』監訳 樫村愛子、金子珠理、小松加代子訳、明石書店、2000
  • オルランド・パターソン『世界の奴隷制の歴史』明石書店、2001、世界人権問題叢書
  • ドナルド・ヒューズ『世界の環境の歴史 生命共同体における人間の役割』あべのぞみ共訳、明石書店、明石ライブラリー 2004
  • ヴァンダナ・シヴァ『生物多様性の保護か、生命の収奪か グローバリズムと知的財産権』明石書店、2005
  • テレーズ・スヴォボダ『占領期の日本 ある米軍憲兵隊員の証言』ひろしま女性学研究所、2011 hiroshimas・1000シリーズ

参考[編集]

  • 『女性と宗教の近代史』著者紹介